2000.5.25 最後の旅行者・キアシシギ

毘沙門海岸(神奈川県三浦半島)、最後の旅行者はキアシシギだ。地味に見える鳥だが<江戸小紋の裃をまとった小粋な武士>といった風格がある。良く鳴く鳥で海岸をのどかな鳴き声で埋める。10m程の固体間距離を保ったルーズな群れで採餌している。ペリットを吐き出す光景も何度か目にした。メリケンキアシシギは見かけなかった。

1.良く鳴く 2.口を開けた 3.飲水する

今回始めて気付いたがキアシシギは休んでいる時盛んに水を吐き出す。嘴を振って弾き飛ばしたり、嘴の脇から吹き出したり、嘴の先端から滴らせたりする。

カテゴリー: キアシシギ, 5月 パーマリンク