地上を歩いて来たアリスイが、長い舌を伸ばして採食した@舞岡公園

アリスイを見ていてすぐ気がつくのが、頻繁に上方を見ることだ。
武陽ガス(株)のホームページ野鳥の里春夏春秋・第63話アリスイ ~ギネス世界記録の長い舌~には
全長一七㎝程の小柄な体で動作が緩慢なアリスイは、外敵からその身を守るために「擬態」という技を身に着けています。敵が近づいたと見るや、シューシューという音を出して首をクネクネと捻り、なんと蛇の真似をして見せるのです。(中略)舌の長さは約10㎝もあり、頭の大きさに比して鳥類最大ということで、ギネスブックにも登録されています。
という記載があります。

1.ひんぱんに上方をうかがう 2.狭い所も器用に登る 3.舌の先端は

地上を歩いて来たアリスイが、長い舌を伸ばして採食した。

写真

カテゴリー: アリスイ, 2月 パーマリンク