2014.7.19 ケイマフリは船がユルリ島に近づくに連れ群れが見られるようになり見られる機会も多くなる・落石ネーチャークルーズ

ケイマフリはウトウのように落石漁港内で見かけることはなかったが少し沖合に出ると時々見られるようになる。1993年7月7日に天売島でフィルムカメラで写したケイマフリの写真があったことを思い出してデジタル化して掲載した。赤岩展望台下で繁殖活動をしていたケイマフリ・天売島

1.小群が見られた 2.離水のため羽ばたき始めた 飛ぶ

ケイマフリは船がユルリ島に近づくに連れ群れが見られるようになり見られる機会も多くなる。ケイマフリは私には写真が撮れたという感激もあってオオセグロカモメやウミネコと共に思い入れの深い鳥だ。最初に見たのは霧多布の断崖の上からで、それをきっかけに来年は天売島に行くと決めた記憶がある。

写真

カテゴリー: ケイマフリ, 7月 パーマリンク