ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

動きの無かったホオジロガモが16時半過ぎ飛び立ち始めた。

2007.2.16

kanban2007年2月16日ホオジロガモの群れはいつも同じ所で見られた。昼間、ほとんど動きの無かったホオジロガモが16時半過ぎ飛び立ち始めた。外海に出ること無くまた他の埠頭に降りたようだった。(小樽港)

  

波間に点々とシノリガモが見える。(小樽/石狩湾)

kanban
2007年2月16日
札幌方面からの列車が銭函駅付近にさしかかかると海が見えて来る。波間に点々とシノリガモが見える。小樽の海で最もポピュラーなカモだ。(石狩湾)

  

フォトレポート・普通に見られたシロカモメ

2007.2.16
普通に見られたシロカモメ

  

フォトレポート・雪が似合っていたシノリガモ

2007.2.13

2007.2.13
雪が似合っていたシノリガモ

  

フォトレポート・密集した群れになっていたホオジロガモ

2007.2.10

2007.2.10
密集した群れになっていたホオジロガモ

  

フォトレポート・近づいて来たハシブトウミガラス

2007.2.9

2007.2.9
近づいて来たハシブトウミガラス

  

至近距離でハシブトウミガラスが見られた。

kanban2007年2月9日海が荒れたせいもあるのか至近距離でハシブトウミガラスが見られた。シノリガモ、ウミアイサ、オオセグロカモメなどの間を縫って悠々と泳いでいた。(小樽港)

  

フォトレポート・人と近かったウミアイサ

2007.2.9
人と近かったウミアイサ