カワラヒワ幼鳥の群れが、飛来を繰り返してヒマワリの種を食べている

精いっぱい背伸びして、何度も飛びつく
やっと種を取り出す
種をくわえ直す
花の上に乗って食べる
競争者現れる
トビが絡み合った、別方向へ飛去
1羽は低空にも降りて来た
早朝、里山から飛来し、中学校のフェンスで一休みし
住宅地方面に向かう、10羽ほどシジュウカラ幼鳥の群れ

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2020年8月6日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ2,キジバト2,ヒヨドリ4,ウグイス2,シジュウカラ10,カワラヒワ7,スズメ10,ムクドリ5,ハシブトガラス4,ガビチョウ1,ハッカチョウ1

●メモ
鳥が遠く写せた鳥が少なかった。
珍しくトビ2羽が飛来し、田んぼの上、低空を飛んだりもした。
意外に気温が低く風が吹き抜ける日蔭は涼しく感じられた。そのせいもあってか散歩をする人が多かった。

カテゴリー: カワラヒワ, シジュウカラ, トビ, 裏山散歩, 8月上旬 パーマリンク