カワラヒワの群れも大きくなって15羽ほどが見られた

カシラダカ20+の群れにホオジロ雌雄
ウメがほころび始めた

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2020年1月29(水)

天候) 快晴

●観察した野鳥
キジバト1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ6,モズ2,ジョウビタキ2,ツグミ2,シジュウカラ5,メジロ1,ホオジロ2,カシラダカ20,アオジ5,カワラヒワ15,ハシボソガラス10,ハシブトガラス2

●メモ
カシラダカの群れにホオジロ雌雄が入っていた。絶滅が危惧されるカシラダカがずうっと滞在してくれていてうれしい。
カワラヒワの群れも大きくなって15羽ほどが見られた。相変わらず警戒的だ。
アオジも5+羽見られたが警戒的で写真を撮らせてくれない。
ウメが咲いた。
オオイヌノフグリの花が多数見られた。久しぶりの日向ぼっこを楽しんでいるようだった。春本番という感じの暖かさ。


カテゴリー: カシラダカ, カワラヒワ, ツグミ, 裏山散歩, 1月下旬 パーマリンク