ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

低空30mを猛禽が南へ飛んだ、チゴハヤブサだった。

2007.10.8


場所) 裏山(神奈川県横浜市)

環境) 里山

日付) 2007年 10月8日(月)

天候) 曇

●観察した鳥
チゴハヤブサ1、キジバト3、コゲラ2、キセキレイ1、ハクセキレイ1、ヒヨドリ12、モズ2、エナガ25、シジュウカラ8、メジロ17、スズメ120、ハシボソガラス7、ハシブトガラス11

●メモ
低空30mほどをハシブトガラス2羽に付着されて猛禽が北から南へ飛んだ。まさかのチゴハヤブサだった。
エナガの群れに2カ所で出会った。10+羽と15+羽だったいずれもカラとの混群だったが多数派はエナガだった。

  

フォトレポート・鎮守の杜で繁殖していたチゴハヤブサ

2007.7.5

2007.7.5
鎮守の杜で繁殖していたチゴハヤブサ

  

チゴハヤブサの観察

チゴハヤブサの観察
2007年7月5日

旭岳で情報をいただきロープウェイが強風で止まっ日に行ってみた。3羽飛行するのが見られ、スズメ幼鳥をぶら下げて飛ぶのも見られた。求愛給餌、求愛飛行も見られた。30〜40分くらいの間隔でキーキー、キッキ鳴くのも観察された。♂が来た時に鳴くのだと思われた。

続きを読む →