ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

今シーズン初めてアオジを見た

2017.11.3

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年11月3日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
ツミ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ4,モズ2,キビタキ1,シジュウカラ2,メジロ3,アオジ2,スズメ50,ムクドリ5,ハシボソガラス5,ハシブトガラス3,コジュケイ5

●メモ
今シーズン初めてアオジを見た。
ツミ♂がハシブトガラスに絡まれていた。
いつものカラスザンショウにキビタキ1羽。
コジュケイも5〜6羽見られた。最近同じところで群れを見かける。

  

キビタキ♂1、♀型3とエナガ5+,メジロ3+、シジュウカラ2+の混群が見られた。

2017.10.26

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年10月26日(木)

天候) 快晴

●観察した野鳥
キジバト6,ハクセキレイ2,ヒヨドリ20,モズ2,キビタキ5,エナガ5,シジュウカラ2,メジロ3,スズメ100,ムクドリ10,オナガ10,ハシボソガラス10,ハシブトガラス5,コジュケイ2

●メモ
キビタキ♂1、♀型3が見られ盛んに鳴いていた。新しい群れが入ったようだ。
エナガ5+,メジロ3+、シジュウカラ2+の混群が見られた。
ヒヨドリの上空を飛んだ群れは12羽の群れのみ。
オナガの10+羽の群れも見た。

  

この秋初めてコサメビタキが見られ、サシバと思われるがソアリングしていた

2017.9.11

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年9月11日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ1,サシバ1,キジバト1,コゲラ1,コサメビタキ1,エナガ3,シジュウカラ2,メジロ2,スズメ2,ハシボソガラス3,ハシブトガラス1,コジュケイ1

●メモ
この秋初めてコサメビタキが見られた。
サシバ幼鳥と思われるがソアリングしていた。
同時に低空を横切る猛禽を見たが上記撮影中で確認し損なってしまった。
丘の上の枯れ木の梢からエナガ、シジュウカラ、コゲラ、メジロが飛立って行った。10羽ほどの混群だった。
裏山にも秋の渡りの季節が来た。これからの毎日が楽しみ(^・^)

  

突然頭上のサクラの葉の向こうに大きな鳥が止まった、ツミが騒ぎを聞きつけてやって来たのだ

2017.8.18

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年8月18日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
ツミ1,キジバト1,ハクセキレイ4,ヒヨドリ1,シジュウカラ5,メジロ2,カワラヒワ5,スズメ20,ハシボソガラス2,ハシブトガラス6,ガビチョウ2

●メモ
スズメとシジュウカラの群れがアオバハゴロモを襲って騒がしくしていた。メジロも他のムシ捕っていた。
突然頭上のサクラの葉の向こうに大きな鳥が止まった。ツミが騒ぎを聞きつけてやって来たのだ。電線の上だったのが残念!
ハクセキレイ幼鳥4羽の群れが見られた。

  

頭上のオオシマザクラをちょこまか通過する、エナガ、ヤマガラ、メジロなどの幼鳥の群れが見られた

2017.7.10

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年7月10日(月)

天候) 雲

●観察した野鳥
キジバト7,ツバメ2,ヒヨドリ4,ウグイス5,エナガ10,シジュウカラ3,メジロ5,スズメ5,ハシブトガラス3,ガビチョウ2

●メモ
尾根筋の枯れたサクラに今日もカラの混群が見られた。エナガが多かった。羽繕いをする鳥が多く水場浴びの後のようだ。のんびりしていてしばらくの間、行き来するの見られた。10羽以上の群れだった。
別の場所で頭上のオオシマザクラをちょこまか通過する、エナガ、ヤマガラ、メジロなどの幼鳥の群れが見られた。10羽以上見たが、群の終わりの方を見たようだ。群の多くが葉の上を通り良く見えなかった。
ウワミズザクラにはヒヨドリも来なかった。この時期、他に食べるものがたくさんあるせいか。
ヒメオウギスイセンにモンキアゲハが来ていた。

  

尾根筋の枯れたサクラの木に、大きなカラ類の幼鳥の混群が見られた

2017.7.7

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年7月7日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト2,コゲラ1,ヒヨドリ6,ウグイス5,エナガ5,シジュウカラ3,メジロ3,スズメ1,ハシブトガラス5,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
尾根筋の枯れたサクラの木に、大きなカラ類の幼鳥の混群が見られた。エナガ5+、シジュウカラ3+、メジロ3+で、この倍以上いた可能性が大きい。
ウワミズザクラにはたまにヒヨドリ1羽が来た。太目の枝にも乗って実を食べていた。ただ非常に警戒的で実を取るのはクズの葉の向こう側だった。

  

ウワミズザクラの実を食べにヒヨドリが来たので撮影していたら、メジロを中心にスズメも来た

2017.7.6

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年7月6日(木)

天候) 晴のち曇

●観察した野鳥
キジバト3,ツバメ3,ヒヨドリ5,ウグイス7,シジュウカラ4,メジロ13,スズメ20,ハシブトガラス2,コジュケイ1,ガビチョウ

●メモ
ウワミズザクラの実を食べにヒヨドリが来たので撮影していたら、メジロを中心にスズメも来た。メジロは10羽ほどの群れが何度も飛来した。同じ群れか否かは不明。
ウワミズザクラは枝が細いなどで、独占欲の強いヒヨドリもたまにホバリングで採食を試みるだけだった。
ウワミズザクラの下でシジュウカラ親子とウグイス幼鳥も見られた。

  

我が家の北、120mほど離れた家の庭で幼鳥3+羽のシジュウカラ親子が見られた

2017.7.3

kanban庭とり
(庭で見られた野鳥の話題)

環境) 自宅の庭/横浜市

日付) 2017年7月3日(月)

天候) 晴

●メモ
我が家の北、120mほど離れた家の庭で幼鳥3+羽のシジュウカラ親子が見られた。♂親は水浴び直後で羽繕いをしていた。

  

シジュウカラが狭い範囲で10+羽見られた、幼鳥も入っていた

2017.6.23

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月23日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト3,ヒヨドリ5,ウグイス4,シジュウカラ10,メジロ3,カワラヒワ1,スズメ10,ムクドリ1,ハシブトガラス5,ガビチョウ2

●メモ
シジュウカラが狭い範囲で10+羽見られた。幼鳥も入っていた。
ヒマワリが咲いた。
ヤマモモの実が赤くなってきた。
キウイフルーツやミツバアケビの実が大きくなってきた。
カノコガが目立った。

  

シジュウカラ幼鳥の群れ20羽ほどが、パラパラと慌ただしく移動して行った

2017.6.12

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月12日(月)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ1,キジバト1,ホトトギス1,ツバメ3,ハクセキレイ1,ヒヨドリ4,ウグイス6,シジュウカラ15,メジロ2,スズメ10,ハシブトガラス2,ガビチョウ2

●メモ
シジュウカラ幼鳥の群れ20羽ほどが、パラパラと慌ただしく移動して行った。帰り道でもシジュウカラの群れに出会った。同じ群れと思われた。
田んぼの畦など草刈をしていた低空で5羽のツバメが採食していた。
ヒヨドリ、ハシブトガラスは少なかった。
今朝も風が爽やかだった。

  

カルガモ幼鳥4/4/6/7/1/5羽を連れた群れが見られた

2017.6.5

kanban金井遊水池 柏尾川中流
(横浜市)

環境) 遊水池 河川中流

日付) 2017年6月5日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
カイツブリ5,カワウ9,アオサギ3,カルガモ44,ヒドリガモ2,コチドリ1,カワセミ1,ツバメ7,ハクセキレイ1,オオヨシキリ2,シジュウカラ1,ホオジロ1,スズメ5,ムクドリ2,ドバト

●メモ
カルガモ幼鳥4/4/6/7/1/5羽を連れた群れが見られた。先にいた親子が後から来た親子に場所をように移動して行った。
オオヨシキリがソングポストを頻繁に換えながらながらさえずっていた。1本のヨシに2羽が止まった事もあった。
突然シジュウカラが目の前の川のフェンスに止ってさえずり始めた。異常な感じなので至近に巣があると思われたが一方は川、もう一方は畑でそれらしきは分からなかった。その後♀も出てきた。
その上の電線にツバメ幼鳥が飛来し給餌されていた。

  

ホオジロ、シジュウカラが熱心にさえずっていた

2017.5.5

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年5月5日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ1,トビ1,キジバト2,ヒヨドリ1,ウグイス8,シジュウカラ2,スズメ3,ムクドリ3,ハシブトガラス2,コジュケイ4

●メモ
ホオジロ、シジュウカラが熱心にさえずっていた。
鳥が少なかった。

  

ホオジロが熱心にさえずっていた、エナガの群れ6+羽が見られた

2017.5.4

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年5月4日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ3,トビ1,ビンズイ1,ヒヨドリ1,ウグイス6,エナガ6,シジュウカラ3,ホオジロ1,スズメ10,ハシブトガラス3,コジュケイ4

●メモ
ホオジロが熱心にさえずっていた。こんなに近くでさえずりを見たのは久しぶり。
ホオジロ撮影中、後方至近からシジュウカラがさえずり始めた。しばらくしてその♂(誰が付けたか赤いリングの付いた常駐個体)が♀と追いかけっこを始めて弾み?で田んぼに降りた。
シジュウカラの追いかけっこを見ていたら目の前4m足らずにエナガ成鳥が止まった。(@_@)
およそ10分後80m離れた小高い所でエナガの群れ6+羽が見られた。逆光で動き早く移動していたので成幼は分からなかったが時期的に幼鳥入りの群れだ。
近くでビンズイ1も見られた。
トビが低空を鳴きながら飛んでいた。
ヒトリシズカが例年より1ヶ月遅れで花をつけた。

  

ツミ♀がソアリングしていたが、高さ100m足らずほど昇って降下した

2017.4.20

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年4月20日(木)

天候) 快晴

●観察した野鳥
ツミ1,キジバト6,ツバメ2,ヒヨドリ2,ウグイス8,シジュウカラ2,スズメ10,ムクドリ20,ハシボソガラス4,ハシブトガラス3,コジュケイ2

●メモ
ツミ♀がソアリングしていたが、高さ100m足らずほど昇って降下した。
シジュウカラが枝垂桜でアオムシを獲った。
ベニシジミが見られた。非常に警戒的だった。
キュウリグサを見つけた。小さいのでつい見落としてしまう。
昨日より気温が下がったが風が弱いので散歩は快適だった。

  

久しぶりにエナガ1を見た

2017.4.14

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年4月14日(金)

天候) 快晴

●観察した野鳥
カルガモ1.トビ1.キジバト2.ハクセキレイ1.ヒヨドリ3.ツグミ1.ウグイス7.エナガ1.シジュウカラ2.メジロ2.スズメ10.ムクドリ20.ハシボソガラス2.ハシブトガラス5.コジュケイ1

●メモ
久しぶりにエナガ1を見た。単独だった。
シジュウカラが近くで熱心にさえずっていた。
オオタカと思われるを何度かチラ見した。
気温が低いせいかソメイヨシノがあまり散っていない。

  

ツバメ3羽が飛んでいた

2017.4.12

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年4月12日(水)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト3,ツバメ3,ハクセキレイ2,ヒヨドリ15,モズ1,ツグミ1,ウグイス7,シジュウカラ4,メジロ1,ムクドリ30,ハシボソガラス10,ハシブトガラス1,コジュケイ3,ガビチョウ1

●メモ
ツバメ3羽が飛んでいた。
シジュウカラ、メジロが数ヶ所で囀っていた。
ツグミが見られた。滞在はあと3週間。
モズ♂はきれいになっていた。
ヒヨドリは低空を北へ飛ぶものが多かった。
ソメイヨシノは満開、今週いっぱいまでか。
ゲンゲが咲いた。

  

ツバメ1羽が飛んでいた、カルガモ1羽が田んぼに来ていた、シジュウカラが3ヶ所で囀っていた

2017.4.10

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年4月10日(月)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ1,キジバト2,ツバメ1,ヒヨドリ9,ウグイス7,シジュウカラ3,アオジ1,カワラヒワ5,ムクドリ30,ハシボソガラス10,ハシブトガラス1,ガビチョウ1

●メモ
ツバメ1羽が飛んでいた。今年初めて。
カルガモ1羽が田んぼに来ていた。
シジュウカラが3ヶ所で囀っていた。
アオジ♂が通りかかったサクラに止まった。
カワラヒワの小群が草むらに降りて採食していた。
ソメイヨシノは満開、オオシマザクラ、ヤマザクラは咲き残っていた。
ナツグミ、アケビ、ムラサキケマンが咲いていた。
シュレーゲルアオガエルが鳴いていた。
日差しがなく風が冷たかった。

  

シジュウカラ最も高いクヌギの梢でさえずっていた

2017.2.13

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年2月13日(月)

天候) 快晴

●観察した野鳥
キジバト2,コゲラ2,ハクセキレイ1,ヒヨドリ20,モズ2,ジョウビタキ1,シロハラ2,ツグミ3,シジュウカラ2,メジロ2,アオジ3,カワラヒワ5,ムクドリ30,オナガ1,ハシブトガラス1,コジュケイ

●メモ
シジュウカラ最も高いクヌギの梢でさえずっていた。
大型ツグミと思われるを数カ所で見かけた。
ツグミが3+羽見られた。
北風が冷たかった。

  

シジュウカラがホバリングして、ジョウロウグモを襲っていた

2016.12.6

kanbanいたち川・天神橋〜いたち川橋(横浜市)

環境) 河川中流

日付) 2016年12月6日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
ゴイサギ3,コサギ3,アオサギ2,カルガモ9,バン4,オオバン2,イソシギ1,カワセミ2,ハクセキレイ1,ヒヨドリ1,ツグミ1,シジュウカラ3,アオジ1,スズメ30,ハシボソガラス1

●メモ
シジュウカラがホバリングしていた。ジョウロウグモを襲っていたのだ。私が見かけてから4回目のホバリングで捕獲した。
ゴイサギが目の前のエノキで塒をとっていた。成幼各1羽で私が撮影し始めたら幼鳥はそわそわしたが、成鳥はびくともしなかった。
冬のカモが見られなかった。
暖かいせいか擁壁に日向ぼっこするドバトがいなかった。