ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

6月に入って見られる鳥の種類が多少増えてきた

2017.6.9

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月9日(金)

天候) 雲のち晴

●観察した野鳥
カルガモ2,ホトトギス1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ1,ウグイス6,シジュウカラ3,メジロ1,カワラヒワ1,スズメ3,ムクドリ30,ハシボソガラス3,ハシブトガラス30,ガビチョウ2

●メモ
コチドリ1羽が見られた。
幼鳥をふくむハシブトガラス30+羽が騒いでいた。
幼鳥をふくむムクドリ30羽ほどが賑やかだった。
ホトトギスが賑やかで季節感たっぷり。
6月に入って見られる鳥の種類が多少増えてきた。
朝方は空気も冷んやりしていて過ごしやすかった。

  

ホトトギスが同時に2ヶ所で鳴いていた、水が入り始めた田にコチドリ1羽が来ていた

2017.6.7

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月7日(水)

天候) 薄曇り

●観察した野鳥
カルガモ2,コチドリ1,キジバト1,ホトトギス2,ツバメ1,ヒヨドリ2,ウグイス7,シジュウカラ2,メジロ1,スズメ5,ムクドリ30,ハシボソガラス2,ハシブトガラス3,コジュケイ1,ガビチョウ2

●メモ
ホトトギスが同時に2ヶ所で鳴いていた。
水が入り始めた田にコチドリ1羽が来ていた。
ツバメ1羽が泥を取りに来ていた。
ムクドリが賑やかだった。

  

カルガモ幼鳥4/4/6/7/1/5羽を連れた群れが見られた

2017.6.5

kanban金井遊水池 柏尾川中流
(横浜市)

環境) 遊水池 河川中流

日付) 2017年6月3日( 土)

天候) 晴

●観察した野鳥
カイツブリ5,カワウ9,アオサギ3,カルガモ44,ヒドリガモ2,コチドリ1,カワセミ1,ツバメ7,ハクセキレイ1,オオヨシキリ2,シジュウカラ1,ホオジロ1,スズメ5,ムクドリ2,ドバト

●メモ
カルガモ幼鳥4/4/6/7/1/5羽を連れた群れが見られた。先にいた親子が後から来た親子に場所をように移動して行った。
オオヨシキリがソングポストを頻繁に換えながらながらさえずっていた。1本のヨシに2羽が止まった事もあった。
突然シジュウカラが目の前の川のフェンスに止ってさえずり始めた。異常な感じなので至近に巣があると思われたが一方は川、もう一方は畑でそれらしきは分からなかった。その後♀も出てきた。
その上の電線にツバメ幼鳥が飛来し給餌されていた。

  

ムクドリの群れが鋤き起こされた田の水たまりで水浴びしていた

2017.6.3

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月3日( 土)

天候) 快晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,キジバト1,ツバメ3,ヒヨドリ9,ウグイス6,シジュウカラ3,メジロ2,スズメ10,ムクドリ20,オナガ2,ハシブトガラス5,コジュケイ3,ドバト3,ガビチョウ1

●メモ
ムクドリの群れが鋤き起こされた田の水たまりで水浴びしていた。
久しぶりにオナガ2羽を見た。
ツバメ3羽が飛んでいるのを見かけた。
クリの花が咲いた。
テイカカズラは盛りを過ぎていた。
日差しは強いが爽やかな風が吹き不快ではなかった。

  

オオタカ♀が飛んできて田んぼで採食しているカルガモ2羽の真上10mを通過

2016.6.17

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月17日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ3,オオタカ1,キジバト1,ツバメ5,ハクセキレイ3,ヒヨドリ4,ウグイス5,シジュウカラ1,ムクドリ20,ハシボソガラス1,ハシブトガラス5

●メモ
背後からオオタカ♀が飛んできて田んぼで採食しているカルガモ2羽の真上10mを通過して向かいの林に飛び込んだ。しばらくして稜線上から飛び出して行くのが見られた。
ハクセキレイ幼鳥1羽が田に飛来したが田には水がいっぱいで畦にしばらくいただけだった。
ツバメもちょっとだけ田の上を飛んだだけ。一時上空に5羽ほどが見られたが別の方向へ飛去した。
ホトトギスの気配はまったくなかった。
すべての田が冠水しコチドリも期待できそうもない。1枚の田を除いて田植えも終わっている。

  

ハシブトガラス幼鳥2羽が食べ物をねだって盛んに鳴いていた

2016.6.10

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月10日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ3,トビ1,キジバト1,コゲラ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ1,ウグイス3,カワラヒワ1,スズメ40,ムクドリ3,ハシブトガラス4,ガビチョウ2

●メモ
ハシブトガラス幼鳥2羽が食べ物をねだって盛んに鳴いていた。
田んぼにはカルガモ以外の鳥は見られなかった。
ガビチョウの幼鳥もみられた。

  

シジュウカラ幼鳥20羽前後の群れが見られた

2016.6.8

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月8日(水)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ4,トビ1,キジバト2,ホトトギス1,アオゲラ1,ツバメ2,ハクセキレイ2,ヒヨドリ3,ウグイス4,シジュウカラ20,スズメ30,ムクドリ5,ハシボソガラス5,ハシブトガラス1,ドバト

●メモ
シジュウカラ幼鳥20羽前後の群れが見られた。地上近くを西へ忙しく移動して行った。
スズメの群れも幼鳥だった。
ツバメ2羽がせっせと一緒に泥運びをしていた。
アオゲラが頭上を通過した。久しぶり。

  

ハクセキレイ成鳥は巣に近いらしく、ほとんど1か所の畑でムシを捕まえている

2016.6.4

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月4日(土)

天候) 晴

●観察した野鳥
ツバメ3,ハクセキレイ2,ヒヨドリ2,ウグイス4,スズメ5,ムクドリ8,ハシボソガラス2,ハシブトガラス1

●メモ
ハクセキレイ幼鳥がひんぱんにムシ運びをしている成鳥と同じ畑で見られたが単独で行動していた。畑は耕されていて食料が乏そうにみえるがハクセキレイ成鳥は、巣に近いらしくほとんどここでムシを捕まえている。
トビ2羽が一緒に飛んでいた。
2日間ホトトギスの声を聞かない。
いつの間にかキョウチクトウが咲いていた。
田んぼの上をギンヤンマが飛んでいた。

  

シジュウカラ幼鳥15+羽の大きな群れが見られた

2016.6.3

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月3日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,キジバト1,ツバメ4,ハクセキレイ2,ヒヨドリ1,ウグイス5,シジュウカラ1,ホオジロ1,スズメ5,ムクドリ15,ハシボソガラス2,ハシブトガラス1

●メモ
シジュウカラ幼鳥15+羽の大きな群れが見られた。親鳥1羽がいて2〜3羽の幼鳥がまとわりついていた。幼鳥の巣立ちの時期に多少差があるようだった。
オオスズメノカタビラと思われるの種をカワラヒワ幼鳥1羽が食べていた。上記のシジュウカラの幼鳥と同じ場所にいた。
西側の田んぼは流入する水が少なく、徐々に土が湿り初めツバメが泥を取りに来ていた。
東側の田のハクセキレイ親子は見られなかった。8時位まではムクドリ15+、カルガモ2、ハクセキレイ2、スズメ数羽、ハシボソガラス2が見られたがそれ以降はほとんど鳥が見られず、カルガモも畦で休んでいた。

  

ホオジロ2羽が前方に降りた

2016.6.2

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月2日(木)

天候) 快晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ2,キジバト1,ホトトギス1,ツバメ1,ハクセキレイ5,ヒヨドリ4,ウグイス5,ホオジロ2,スズメ5,ムクドリ20,ハシボソガラス4,ハシブトガラス5,ドバト1

●メモ
狭い谷戸上空に突然ホトトギスの声が響いた、咄嗟にワイド端にズームダウンして何とか姿を捉えることができた。
ホオジロ2羽が前方に降りた。カイヅカイブキの中ほどに♂がしばらくしがみついていた。♂が去った後、梢に♀がいたのに気づいた。こちらもしばらくして飛去。40m程離れて見ていたがもう飛来しなかった。
ハクセキレイ親子は今日も短時間姿を見せた。水位が高いせいか採食できる範囲が少ないようだ。他にも幼鳥数羽が見られ全体の数は良くわからない。
(注)昨日の掲載データに誤りがありました。修正いたしました。すみません。

  

ハクセキレイ親子は幼鳥1羽で、ムシを運んでいたのは♂だった

2016.6.1

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月1日(水)

天候) 雲

●観察した野鳥

(注)昨日の掲載データに誤りがありました。下記のごとく訂正いたします。すみません。

カルガモ3,キジバト2,ホトトギス1,ツバメ1,ハクセキレイ4,ヒヨドリ6,ウグイス2,シジュウカラ4,スズメ5,ムクドリ15,ハシボソガラス2,ハシブトガラス1,コジュケイ1

キジバト2,ハクセキレイ1,ヒヨドリ2,ウグイス4,シジュウカラ6,スズメ10,ムクドリ20,ハシボソガラス3,ハシブトガラス1,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
東側の田んぼは冠水していてハクセキレイ親子、カルガモ、ムクドリ、ハシボソガラスが見られた。
ハクセキレイ親子は幼鳥1羽で近くに♀と別の♂もいたがムシを運んでいたのは♂だった。幼鳥はたまに自分で採食するが多くの時間は親待ちしていた。ほとんど同じ場所で過ごしていた。
時々遠くからホトトギスの声が聞こえていた。
カルガモは警戒的ですぐ飛び去った。
飛んでいるツバメ1羽はいつも同じ所で見られる。

  

ホトトギスは今朝もごく短時間鳴き声が聞かれた

2015.6.10

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月10日(水)

天候) うす曇

●観察した野鳥
カルガモ2,キジバト1,ホトトギス1,ツバメ5,ハクセキレイ4,ウグイス3,スズメ20,ムクドリ5,ハシボソガラス1,ハシブトガラス1,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
ホトトギスは今朝もごく短時間鳴き声が聞かれた。
カラ類も遠くにそれらしきを数羽見かけただけだった。

  

軒下の巣箱で繁殖しているシジュウカラが頻繁にイモムシなどを運んでいた

kanban
庭とり
(庭で見られた野鳥の話題/横浜市)

環境) 住宅地

日付) 2015年6月10日(水)

天候) 曇

軒下の巣箱で繁殖しているシジュウカラが頻繁にイモムシなどを運んでいた。ムシが大きいので3〜4日前に孵化したと思われる。

  

*WEB探鳥*「野鳥に魅せられて・普正寺の森の自然情報」2015.6.10 ツツドリさえずり1羽、オオムシクイさえずり8羽

2015.6.9

WEB探鳥

WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

コナラの梢で囀っていたヒヨドリが鳴きながら飛んで行った

2015.6.8

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月8日(月)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ3,コチドリ2,キジバト2,ホトトギス1,コゲラ1,ツバメ4,ハクセキレイ2,ヒヨドリ4,ウグイス4,シジュウカラ10,カワラヒワ4,スズメ5,ムクドリ2,ハシボソガラス2,ハシブトガラス5,ドバト2,ガビチョウ2

●メモ
コナラの梢で囀っていたヒヨドリが鳴きながら飛んで行った。
17種見られたが全体的に距離が遠く充実感はイマイチ。
シジュウカラ幼鳥はそこここで小群が見られ、サクラの果肉を食べるのも見られた。識別できないものも多かった。
キョウチクトウが咲いていた。

  

ウグイスが一番高いハンノキの途中でさえずっていた

2015.6.7

kanban小菅ケ谷北公園(横浜市)

環境)里山、公園

日付)2015年6月7日(水)

時刻)8:15〜10:25

天候)雲

●観察した野鳥
アオゲラ1,ヒヨドリ3,ウグイス1,メジロ1,ハシブトガラス1,ガビチョウ2

●メモ
ウグイスが一番高いハンノキの途中でさえずっていた。
メジロが桑の実を食べに来た。
アオゲラの大きな声が連続していたが見付けられなかった。しばらくして狭い谷戸を横切っていった。
ガビチョウはハンノキの根本に枯れ葉を運んでいた。
モンシロチョウ、モンキチョウ、アカシジミなどがみられた。

  

シジュウカラ幼鳥の群れ59羽が見られた

2015.6.6

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月6日(土)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ3,コチドリ2,キジバト2,ツバメ5,ハクセキレイ2,ヒヨドリ2,ウグイス3,シジュウカラ59,カワラヒワ3,スズメ5,ムクドリ50,ハシボソガラス1,ハシブトガラス1,ハッカチョウ1

●メモ
シジュウカラ幼鳥の群れ40+羽が引返し始めたので先回りして待ち構え、道路を渡るのを数えたら三々五々移動して59羽もいた。大きさ、飛び方、写したりで確認、全部シジュウカラ幼鳥だった。
サクラの実を食べていたものは種は捨ててしまった。ガを捕らえたものもちゃんと食べる様子もなく慌ただしく移動して行った。
長時間過ごしたのにホトトギスの声を聞かなかった。
夜来の雨で田んぼが冠水しムクドリの幼鳥をふくむ大きな群れやコチドリ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ツバメなどで賑わっていた。
ホタルブクロがたくさん咲いていた。
昨日アカシジミなどたくさんのチョウを見たクリの木にはハチやアブの類が少数いただけだった。
家を出る時は半袖だけでは肌寒かった。

  

コチドリ2羽が見られ、カワラヒワは幼鳥2羽連れの家族が見られた

2015.6.5

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月5日(金)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ3,コチドリ1,キジバト1,ハクセキレイ3,ヒヨドリ3,ウグイス5,シジュウカラ15,カワラヒワ5,スズメ10,ムクドリ10,ハシボソガラス2,ハシブトガラス3,ガビチョウ1

●メモ
コチドリ2羽が見られた。
カワラヒワ幼鳥2羽連れの家族が見られた。
確認できたシジュウカラは幼鳥のみ。
ツバメは4羽が巣材取りに来ていた。
アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ルリシジミ、テングチョウなどが見られた。
ルリシジミは田んぼにも飲水に来ていた。

  

*WEB探鳥*「ショウドウツバメ – 北の歳時記」崖が崩落した後は、ショウドウツバメが営巣しやすいようです

2015.6.4

WEB探鳥

WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。