ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

横手山ではさえずる小鳥たちが見られた・志賀高原

2013.6.19

kanban志賀高原・信州大学志賀自然教育園・横手山(長野県)

長野県信州大学志賀自然教育園からライブ音の小鳥のコーラスに魅せられて志賀高原を訪ねた。信州大学志賀自然教育園は28年ぶり2度目の訪問だ。

環境) 亜高山帯

2013年5月27日(月)〜6月3日(月)

●観察した野鳥と観察メモ
5月27日〜5月30日
蓮池〜木戸池〜渋の湯ロッジ 自然探勝コースと自動車道
アオサギ,トビ,カッコウ,ホトトギス,イワツバメ,キセキレイ,モズ,ウグイス,ヒガラ,ホオジロ,ニュウナイスズメ,カケス,ハシブトガラス
初日に蓮池〜木戸池間の自然探勝路を登り、翌日は自動車道を下った。登りは結構アップダウンがきつかった。
蓮池ではニュウナイスズメが見られた。
田の原湿原バス停付近道路脇の湿地にクロサンショウウオのものと思われる卵のうがあった。
宿の周辺ではカケス、モズ、ホオジロ、キセキレイ、カッコウ、アオサギ、マガモが見られた。部屋からも角間川にアオサギが行き来するのが見られ、カモも飛んで行くのを見た。平床付近の湿地からマガモを飛ぶのも見たので多分マガモ。カケスもシラカンバ林で移動するのが見られた。

5月31日
信州大学自然教育園
カッコウ、ルリビタキ、ホオジロ、クロジ、ヒガラ、ハシブトガラス
入り口でクロジ成鳥♂を見た。
ルリビタキは入り口付近で見て聞いて、まが玉の丘でも見聞きした。さえずりだけもふくめると計10羽ほどを観察した。1カ所では2羽が激しい追いかけっこしていた。樹冠の下の暗い所を主戦場にして絶えず動いていたので撮影できなかった。2度ほど私の頭の上の数メートルのコメツガの枝にも止まり目の前を飛んで行った。
ヒガラはコケを運ぶものなど2羽を見かけた。(写真1)
標高の高い所には残雪があったが凍っていなかったので危険は無かった。
続きを読む →

  

「バードリサーチ:植田睦之」カッコウとホトトギスが渡ってきました

2013.5.11

  

カッコウの声を聞いた、ここで聞くのは初めて

2012.5.17

kanban
裏山
(横浜市)

環境) 里山

日付) 2012年 5月17日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
カッコウ1,ツバメ1,ハクセキレイ1,セグロセキレイ1,ヒヨドリ5,ウグイス4,シジュウカラ1,メジロ1,ホオジロ2,カワラヒワ3,スズメ11,ムクドリ15,ハシブトガラス2,コジュケイ1

●メモ
カッコウの声を聞いた。ここで聞くのは初めて。セグロセキレイ観察中にも2声3声鳴いては長い間休止して断続的に鳴いていた。状況からして人工の音ではない。
今日もセグロセキレイとハクセキレイが交尾するのが見られた。♀と思われるセグロセキレイは余り動かずにいたので、撮影のチャンスを30mほど離れて待っていたら多分警戒されて飛去してしまった。後を追ったが行方知れずだった。元の場所に戻ったらハクセキレイが飛んできた。行先には既にセグロセキレイが座り込んでいてすぐに交尾した。(^^ゞ
その後セグロセキレイは直線距離で160mほど離れた昨日交尾した場所に移動し座り込んで動かなくなった。30分以上過ぎても♂と思われるハクセキレイは来なかった。セグロセキレイは直下の水路に降りて行った。
ホオジロ雌雄を見た。
田んぼに水が入り始め、早速ムクドリ・カワラヒワの群れ、スズメなどが来ていた。

  

写真集に弟が5月下旬に撮った舳倉島の写真をupしました。

2009.7.22

弟が5月下旬を中心に舳倉島(石川県輪島市)で撮った写真を掲載しました。

チゴモズ 舳倉島 2009.5.26
オオミズナギドリ 舳倉島 2009.5.26
オオミズナギドリ 舳倉島 2009.5.26
オオミズナギドリ 舳倉島 2009.5.26
ノゴマ 舳倉島 2009.5.25
キアシシギ 舳倉島 2009.5.25
シマノジコ 舳倉島 2009.5.24
コサメビタキ 舳倉島 2009.5.24
ハチクマ 舳倉島 2009.5.24
メボソムシクイ 舳倉島 2009.5.23
ジュウイチ 舳倉島 2009.5.23
アオジ 舳倉島 2009.5.23
ツツドリ 舳倉島 2009.5.21
ツツドリ 舳倉島 2009.5.21
トラツグミ 舳倉島 2009.5.21
コホオアカ 舳倉島 2009.5.21
コホオアカ 舳倉島 2009.5.21
カッコウ 舳倉島 2009.5.21
センダイムシクイ 舳倉島 2009.5.20
サンショウクイ 舳倉島 2009.5.20
サメビタキ 舳倉島 2009.5.20
エゾビタキ 舳倉島 2009.5.20

  

早朝、樹上でカッコウが鳴いていた。

2006.6.2

2006年6月2日
早朝、樹上でカッコウが鳴いていた。近くでさえずっているのはアオジ。

  

トケン3種識別点要約

2006.4.20

トケン3種(カッコウ、ツツドリ、ホトトギス)の識別点をまとめてみた。
2006.4.20 by gorosuke

トケン3種識別点 カッコウ ツツドリ ホトトギス
頭部、背面の色合い 薄い ←より濃い ←より濃い
腹部の横斑 細かい ←より粗い ←より粗い
下尾筒の横斑 白地に細かい黒色斑 白地に黒色斑 黄白地で斑が見えにくい
小翼羽の下の羽毛 白地に黒の横斑 白地で無斑か淡い横斑 白地で無斑
赤色型 ♀のみ ♀のみ
主な托卵相手 ホオジロ類、ヨシキリ類、モズ類、セキレイ類、オナガ など幅広い ムシクイ類、アオジ、ビンズイ、オオルリ、コルリなど、北海道ではウグイスにも ウグイス中心、伊豆七島ではイイジマムシクイなどにも
渡来時期 5月中旬 4月下旬 5月中旬
分布 九州以北で夏鳥 九州以北で夏鳥 北海道南部以南で夏鳥
生息環境 平地〜山地の明るい林、農耕地、草原 山地の森林 平地〜山地のササやぶのある林
大きさ 35cm 33cm 28cm

参考文献
・絵解きで野鳥が識別できる本(叶内拓哉/著  文一総合出版刊)
・山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥(叶内拓哉・安倍直哉・上田秀雄/著 山と渓谷社刊)
・BIRDER2005年6月号 考える識別・感じる識別カッコウ類(渡辺修治・三河一郎/著 文一総合出版刊)
・北海道野鳥図鑑(河井大輔・川崎康弘・島田英明・諸橋淳/著 亜璃西社/刊)
・原色日本野鳥生態図鑑<陸鳥編>(中村登流、中村雅彦共著 保育社刊)
おくえつ鳥類研究室

  

フォトレポート・オオジュリンに襲われたカッコウ

2000.7.10

2000.7.10
オオジュリンに襲われたカッコウ