Notice: add_custom_image_header の使用はバージョン 3.4.0 から非推奨になっています ! 代わりに add_theme_support( 'custom-header', $args ) を使ってください。 in /virtual/ozawa/public_html/gorosuke.com/photoreport/wp-includes/functions.php on line 4334
アオアシシギ | フォトレポート AX



2014.4.21 岸近くで小魚を捕っていたアオアシシギ・石垣島

2014.4.21

» アオアシシギ

満潮時に新川河口を訪ねた。クロサギ1、コサギ1、アオアシシギ2、コチドリ1、イソシギ1が見られた。

1.小魚を捕った 2.空振り 3.懸命に小魚を追う

アオアシシギ1羽は岸近くに来て熱心に小魚を追っていた。あまり狩りの成功率は高くなかったが何回か小魚を食べるのが見られた。片足を怪我をしているクロサギが来てしばらくして追い払われてしまった。



2006.8.22 満潮迎える谷津干潟

2006.8.22

» アオアシシギ

谷津干潟は地形に若干の変化があったようで、最後に鳥が集まってきたのは南東側だった。印象もずいぶん違って見えた。砂が少なくなっているのだろうか?鳥は少なく干潮時には近くに鳥が見られない。特にアオサの上には鳥が少ない。
最後にたくさん残ったのはキアシシギとコサギだった。アオアシシギ、オグロシギ、オバシギ、セイタカシギ、ソリハシシギも見られた。サギはダイサギ、チュウサギが混じっていた。

1.一ヶ所に集まる 2.騒ぎも 3.人との距離をとって陸には上がらない

満潮を控え早々にダイゼン、オオソリハシシギなどシギチの多くが谷津干潟を後にした。津田沼高校前の干潟も冠水し始め、集まっていたメダイチドリ、ハマシギの群れも飛去した。



2005.9.8 休耕田で採餌していたアオアシシギ

2005.9.08

» アオアシシギ

 狭い休耕田のアオアシシギはとても大きく見えた。アカシアシシギより浅い所で採餌していたが、足は長いのだから単に私を恐れていただけかも知れない。

1.ひたすら歩き回る 2.半透明の獲物を捕らえた 3.飲み込む


アオアシシギもシギらしくあまり休むこともなく歩き回っていた。白っぽい鳥なので逆光のラインライトが美しい。



98.8.14 谷津干潟にはサギ類とウミネコ、キアシシギが目立った

1998.8.14

» アオアシシギ

アオアシシギの小さな群と、キアシシギの多さが干潟の秋を感じさせてくれた。ウミネコやダイサギ、コサギも多かった団地前の路傍にハコベホオズキが群生して、可憐な花が満開だった。ヘクソカズラの花の赤みの強いものも見かけた。

1.アオアシシギとキアシシギ 2.ソリハシ、キョウジョ 3.ダイシャクシギも

主役のダイゼン、オオソリハシシギも並んでいた。