ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

長野県上高地で見られたニホンカモシカ、ニホンザル

2009.6.17

5月29日から6月5日まで長野県上高地に滞在した間に見られた獣など
ニホンカモシカは明神の手前の梓川が接近している急斜面の場所で2度見た。宿の人の話では梓川で水を飲むのを見たことがあるということだった。
子連れが混じったニホンザルの群も方々でたびたび見られた。
子どもを背負って飲水した。
ハルニレの葉を食べる。
見られた花はニリンソウ、エゾムラサキ、ラショウモンカズラ、エンレイソウ類、キジムシロ、サンカヨウ、イワカガミ、ミヤマザクラ、ムシカリなどが見頃。
ズミ、シウリザクラは咲き始め、ヤマシャクヤクは開花直前。

  

フォトレポート、写真集を更新しました。

2009.6.16

フォトレポートに
頻繁に獲物を運んでいたカワガラス
上高地明神池にはマガモの2家族が見られた。
目の前でさえずったコマドリ
キジバトがニリンソウの雄しべと雌しべを食べた。
を掲載しました。

続きを読む →

  

とても警戒的だったカワガラス

2009.6.5

kanban5月29日から6月5日まで長野県上高地に撮影に出かけた。スケジュールの最後にカワガラスを狙った。カワガラスはまったく同じというような繰り返し行動をとらず撮影は難しかった。

旅行最終日の早朝も上流から川面を飛んで来たカワガラスは手前には来ず、はるか彼方の流木上で長々と羽繕いをした。流木の周りで採食した後飛去してしまった。

その後川面に飛来することはなかった。

バスセンターに向かう途中頭上を越えて河童橋上空20m位を上流部へ飛ぶ黒っぽいずんぐりした鳥を見た。見た瞬間カワガラスと思ったが確認はできなかった。

ぼんやりしていて場所を特定できないが(塩尻付近だったのだろうか)列車の通過に驚いて飛ぶ数羽のチュウシャクシギと思われるを田んぼに見た。また降りようとしていた。田には植えたばっかりのイネがあった。

6月1日追記

コマドリは早朝に観察しやすかった。さえずることも多く良く見られた。早朝だと7〜8人が全身をあらわにするような状態で見ていてもも、20m先の崖の上には長いこと出ていたことがあった。縄張りを主張していたのだろうが。

マガモ、オシドリ、キジバトは古くからの観光地らしく餌付いていた。観光客の一部は餌を与えてしまう。その他の鳥は鳴き声は多いが距離も遠く、高く、見られたのは少なかった。キセキレイは良く見られた。オオアカゲラも比較的に近くで何度か見られた。

鳥見に良いのは小梨平キャンプ場から明神の先辺りまでだった。キビタキ、メボソムシクイなどもあまり見られなかったが数は非常に多かった。

明神の宿では夜中2晩ほどヨタカが至近距離で短く鳴いた。

明神池のマガモやオシドリはお昼頃に近くで見られるようだ。

大正池〜小梨平キャンプ場までの平坦部には鳥が少なかった。

観察した鳥
オシドリ,マガモ,イカルチドリ,キジバト,カッコウ,ホトトギス,ヨタカ,オオアカゲラ,コゲラ,キセキレイ,セグロセキレイ,カワガラス,ミソサザイ,アカハラ,ウグイス,メボソムシクイ,エゾムシクイ,センダイムシクイ,キビタキ,オオルリ,コサメビタキ,コガラ,ヒガラ,シジュウカラ,ゴジュウカラ,メジロ,ホオジロ,アオジ,クロジ,カケス,ハシブトガラス