ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

フォトレポート・サクラで採食するヤマガラ

2006.11.16

2006.11.16
サクラで採食するヤマガラ

  

フォトレポート・争うカンムリカイツブリ

2006.11.9

2006.11.9
争うカンムリカイツブリ

  

アカエリカイツブリの冬羽移行が進んだ

2006年11月9日

10月31日と比べても冬羽移行が進んで色がくすんでいた。
(葛西臨海公園)

  

フォトレポート・採食するウミアイサ

2006.11.9
採食するウミアイサ

  

アカエリカイツブリが見られた。

2006.10.31

kanban2006年10月31日葛西臨海公園東西渚間にて

  

ミコアイサ♀が淡水池から抜けて行った。(葛西臨海公園)

2006.1.11

kanban2006年1月11日ミコアイサ♀が淡水池から抜けて行った。数羽のミコアイサが居るらしい。頭上を飛んでくれたので下面の模様が写った。(葛西臨海公園)

  

kanban
2006年1月11日
防波堤内にハジロカイツブリ17羽。まとまった群れにならずに離合集散していた。なかなかカメラの近くには来てくれない。

  

オオハシシギはほとんど寝てばかり。(葛西臨海公園)

2005.10.24

kanban2005年10月24日オオハシシギはほとんど寝てばかり。12時過ぎようやく採餌を始めた。いつも2羽は一緒。
(葛西臨海公園)

  

秋が深まって増えてきたのか、オオバンが目についた。

kanban
2005年10月24日
葛西臨海公園のオオバン
秋が深まって増えてきたのか、オオバンが目についた。この日弟が水族園付近でジョウビタキ♂を見た。

  

チュウヒは近くの松に長いこと止まっていた。

2005.1.11

kanban2005年1月11日この冬はツグミ科やホオジロ科の小鳥が少ない反面、各地で猛禽の話題が目立つ。葛西臨海公園でも2時間の滞在中にチュウヒ、ミサゴ、ノスリ、オオタカ、トビが見られた。チュウヒは近くの松に長いこと止まっていた。おかげで淡水池北側にはカモなどがほとんど見られなかった。

  

フォトレポート・葛西臨海公園点描

1999.2.23

1999.2.23
葛西臨海公園点描