ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

キジバト繁殖記(1999年初夏編)

1999.6.13

キジバト繁殖記(1999年1999年初夏)1999年5月18日〜1999年6月13日

●6月13日 20時以降にヒナが消失した。

●1999.6.13 雛が消失した。晴れ
朝8時頃親鳥が入れ替わり巣に来たが給餌する様子がない。巣を覗いたら空だ
った。巣および周辺には羽毛などなく、夕べ20時頃は無事だった。犯人はハシ
ブトガラスかも知れない。前日には未孵化の卵が巣の下に落ちていた。
去年の6月に、この巣ができてから12卵が産卵され巣立ったのは2羽、翌日まで
無事だったのは1羽のみ。
*注)その後の観察からアオダイショウの仕業と思われる。(2008年3月追記)

15日朝7時半、またキジバト巣に来ていて、盛んに鳴いている。他に営巣場所がない
らしい。

●1999.6.11 雛が1羽なので成長が早いようだ。晴れ
photo ←給餌する。(撮影’99.6.11)
もう1卵は未孵化。

●1999.6.7 もう1羽は孵化していない。雨のち曇り
photo ←給餌する。(撮影’99.6.6)
親鳥の腹の下の白いのは未孵化の卵。

●1999.6.5 1羽が孵化した。晴れ
photo ←15時19分卵殻を捨てに行く。
親鳥の腹の下の白いのは未孵化の卵、右足下の白いのは雛。
(撮影:弟)

13時19分、突然卵の殻を運んだ。15分後には給餌を始めた。

●1999.5.26 順調に抱卵した。曇り
photo ←15時半、抱卵交代のためか親鳥が巣を空けたので卵を写した。

photo ←抱卵する親鳥(多分♀)

●1999.5.25 9時頃抱雛を交代した。晴れ
9:00am時頃、私がベランダに居たにも関わらず♂が飛来し、巣の♀が飛び出し
て行った。

<今までの経過>
●5月28日 巣のあるモミジの下に名ハンターの三毛猫が来たので追
い払った。
●5月23日 9:30am 2卵目を産む
キジバトの産卵にはパターンがある。1卵目は午後遅く、2卵目は翌々日の
朝方に産む。

●5月21日 15:30pm台に一個目を産卵した。
photo ←♂巣の直下の我が家の芝生から巣材を運んだ。
掃除しないのでいろんなものが落ちているのです。^^;

●5月18日 10:00am頃、キジバトが古巣に巣材を運び始めた。