ヒシクイ、ハクチョウ類も繁殖地へ渡去中。2月下旬

WEB探鳥 (2月下旬に観察記録の掲載されたページへのリンク集)私がネットで見つけた渡りと思われる、または季節的な話題性のある鳥の記録があるページを集めてみた。(順不同)
ヒシクイ、オオハクチョウ、コハクチョウも繁殖地へ渡去しつつある。

琵琶湖水鳥・湿地センターによるとヒシクイは既に大部分が渡去し、オオワシもみられなくなったようだ。

ツグミの群れの移動も話題に、いなくなったり、増えたり。

ケアシノスリはまだ見られている。

イカルの大きな群れが観察された。鳥見人の部屋little_tern

“春の使者”ウミウ飛来 鳴門市里浦町の沖合 徳島新聞社というニュースも。

メジロがカンヒザクラ鹿児島の最新ニュース 鹿児島の情報は南日本新聞 – 県内ニュースやカワズザクラの花の蜜を吸いに来ている。

●マガン)神戸新聞|社会|春間近、珍鳥ひらり マガンとクロツグミ確認●オオハクチョウ)山形新聞ニュース●コハクチョウ)新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line琵琶湖水鳥・湿地センター●オオワシ)琵琶湖水鳥・湿地センター●ケアシノスリ)大山田団地の野鳥たち●ユリカモメ)谷津干潟自然観察センター●ヒヨドリ)野鳥わくわくウォッチング●クロツグミ)神戸新聞|社会|春間近、珍鳥ひらり マガンとクロツグミ確認●ツグミ)野鳥わくわくウォッチング鳥の雑記帳●ツリスガラ)あなご++の鳥見●イカル)鳥見人の部屋little_tern●その他)鹿児島の最新ニュース 鹿児島の情報は南日本新聞 – 県内ニュース“春の使者”ウミウ飛来 鳴門市里浦町の沖合 徳島新聞社