「キレンジャク」カテゴリーアーカイブ

ケアシノスリが各地で見られている。1月上旬

WEB探鳥 (1月上旬に観察記録の掲載されたページへのリンク集)私がネットで見つけた渡りと思われる、または季節的な話題性のある鳥の記録があるページを集めてみた。(順不同)

トモエガモが多くの場所で見られている

ツグミ、アカハラなどの大型ツグミ類やシメなども観察報告が増えて来た。
北海道では相変わらずベニヒワが各地で見られている。ヒレンジャク、キレンジャクの便りも。知床ではワタリガラスが見られた。
本州の平地ではトモエガモが多くの場所で見られている。アオシギも見やすくなって来たようだ。
秋田ではコクガンの群れが見られている。

続きを読む ケアシノスリが各地で見られている。1月上旬

西日本からはトモエガモや、クロツラヘラサギの便りが。12月中旬

WEB探鳥 (12月中旬に観察記録の掲載されたページへのリンク集)私がネットで見つけた渡りと思われる、または季節的な話題性のある鳥の記録があるページを集めてみた。(順不同)

オオハクチョウ、コハクチョウ、ヒシクイは更に分散。

北海道の湖沼が凍結し始めたこともあってか、いろいろな所へ分散している。北海道オホーツク沿岸からはキレンジャクの便りが。西日本ではトモエガモの群れの増加や、クロツラヘラサギ便りが。北海道から東北ではベニヒワが多数見られ、本州の平地ではキクイタダキが多く見られている。湘南海岸から東の相模湾沿岸ではアビ目、ウミスズメが多く観察されている。ミコアイサ、ウミアイサもきれいに冠羽した♂が見られ始めた。カワウも繁殖羽の個体が目立ち始めた。冬鳥が少ないという記述も目立つ。

続きを読む 西日本からはトモエガモや、クロツラヘラサギの便りが。12月中旬