ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

高い空を多分オオタカがソアリングシしていた、模様はよく判らなかったが翼下面が一様に見え後縁が膨んで見えた

2019.11.2

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2019年11月2(土)

天候) 曇のち晴

●観察した野鳥
トビ3,オオタカ1,ヒヨドリ4,モズ3,ジョウビタキ2,スズメ30,ハシボソガラス10,ハシブトガラス3

●メモ
低い位置でトビ3羽が旋回するように飛んでいた。
しばらく経ってから高い空を多分オオタカがソアリングシしていた。模様はよく判らなかったが翼下面が一様に見え後縁が膨んで見えた。
それぞれ別の場所でジョウビタキ雌雄が見られた。

  

遠くをオオタカ、サシバが飛んで行くのが見られた

2019.8.26

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2019年8月26(月)

天候) 曇

●観察した野鳥
オオタカ1,サシバ1,キジバト1,ツバメ1,ハクセキレイ1,シジュウカラ3,ホオジロ1,スズメ20,ハシボソガラス3,ハシブトガラス3

●メモ
遠くをオオタカ、サシバが飛んで行くのが見られた。
スズメ幼鳥20羽程の群れが、あっちこっち落ち着きがなく移動していた。
電線上にツバメ幼鳥1羽が見られた。
今日は前線の北側に入ったとかで蒸し暑さは柔らげられた。朝は日差しもなく過ごしやすかった。

  

畑で採食していたムクドリ10羽の群をオオタカが襲った

2019.4.22

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2019年4月22日(月)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ1,オオタカ1,キジバト1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ5,モズ1,ウグイス7,スズメ3,ムクドリ10,ハシボソガラス1,ハシブトガラス50,ガビチョウ1

●メモ
畑で採食していたムクドリ10羽の群をオオタカが襲った。
オオタカが見られたのは1月28日以来だ。
ハシブトガラス賑やかだった。里山に入った時からハシブトガラスが騒いでいた。
モズも3月18日以来久しぶりに見られた。
チガヤが穂を出した。

里山の出口近くでムクドリが囀っていた。
ムクドリのさえずりを初めて聞いたので調べたら、モーツァルト作曲ピアノ協奏曲第17番の第3楽章は、アレグレット、ト長調、2/2拍子。「鳥が鳴くような主題」と5つの変奏そしてフィナーレから成る活発な楽章なのですが、その鳥は「ムクドリ」なのだそうです。
(なかなかなかね!野鳥と自然の写真館)

  

ヒヨドリがクロガネモチの実を食べてきて大騒ぎしていて、それを狙ってオオタカ幼鳥が飛来した

2019.1.28

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2019年1月28日(月)

天候) 晴のち曇

●観察した野鳥
オオタカ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ15,モズ1,ジョウビタキ2,シロハラ1,シメ1,ハシブトガラス3

●メモ
多数のヒヨドリがクロガネモチの実を食べてきて大騒ぎしていていた。
それを狙ってオオタカ幼鳥が飛来したが私を見つけたのか?いったん飛去した。すぐ戻ってきてちょっと奥へ止まった。数回シャッターを切ったら警戒したのか再び飛去った。
一つの画面にジョウビタキ♂2羽が収まった。こんなこと初めて。写りが悪いのが残念。
強めの風があり後半は曇っても来て寒かった。

  

出会い頭に猛禽が地上に降りた途端、小鳥と思われる悲鳴が聞こえた、オオタカと思われた

2019.1.17

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2019年1月17日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,コゲラ2,ヒヨドリ9,モズ2,ジョウビタキ2,シロハラ1,シジュウカラ2,メジロ2,ハシブトガラス3

●メモ
遠くでオオタカが舞っているのが見えた。
ジョウビタキ♂を2か所で見た。
コゲラ、シジュウカラ、メジロ各数羽の混群10羽ほどが見られた。
出会い頭に猛禽が地上に降りた途端、小鳥と思われる悲鳴が聞こえた。オオタカと思われた。

  

オオタカ若鳥が多分ハシブトガラスを抑え込んでいた

2019.1.1

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2019年1月1日(火)

天候) 晴のち快晴

●観察した野鳥
オオタカ1,キジバト2,ハクセキレイ2,ヒヨドリ8,モズ1,アオジ1,スズメ3,ハシボソガラス15,ハシブトガラス15

●メモ
鳥の写真が撮れないので再度周回していたら、田んぼ周辺のカラスが騒がしくしていた。オオタカ若鳥が多分ハシブトガラスを抑え込んでいた。数カット撮ったところで散歩の人が来て、オオタカはカラスを離して飛去した。以前、散歩でよくお会いする方からタカがカラスを捕えていたの見た、という話を聞いていたが、私も出会えて嬉しい。
メジロ2羽がコナラの樹液を吸っているのを見た。
穏やかな朝で気持ちよく散歩できた。

  

オオタ幼鳥がハシブトガラスに追われていた

2018.10.31

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年10月31日(水)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,キセキレイ2,ヒヨドリ5,モズ1,スズメ99,ハシブトガラス10

●メモ
オオタ幼鳥がハシブトガラスに追われていた。
珍しくキセキレイ2羽が見られた。
風もなく穏やかで散歩は快適だった。

  

左に飛んで行ったのはツミ幼鳥、右に飛んで行ったのはオオタ幼鳥

2018.10.30

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年10月30日(火)

天候) 快晴

●観察した野鳥
トビ1,オオタカ1,ツミ1,キジバト2,ハクセキレイ2,ヒヨドリ8,モズ1,スズメ99,ハシブトガラス3,コジュケイ1

●メモ
一瞬、目の端に何かが絡み合うように見えた。左に飛んで行ったのはツミ幼鳥、右に飛んで行ったのはオオタ幼鳥。
キビタキの気配はまったくなかった。
モズも目立たなくなった。

  

キビタキ雄もカラスザンショウの実を食べた来ていた

2018.10.19

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年10月19日(金)

天候) 曇

●観察した野鳥
オオタカ1,キジバト3,コゲラ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ14,モズ3,キビタキ3,シジュウカラ1,スズメ99,ムクドリ5,ハシボソガラス10,ハシブトガラス10

●メモ
キビタキ雄もカラスザンショウの実を食べた来ていた。
オオタカがハシブトガラスに追われいた。
久しぶりにコゲラが見られた。
ヒヨドリの渡りは2/5羽の群れのみだった。

  

サシバ幼鳥1羽が見られた

2018.8.27

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月27日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,サシバ1,キジバト1,ツバメ1,ハクセキレイ1,スズメ5,ムクドリ10,ハシボソガラス3,ハシブトガラス

●メモ
ハシブトガラスが騒いたのでドコモのアンテナにタカがいるのを見つけた。シャッターを切る寸前で飛ばれてしまった。てっきりサシバと思っていたら、腹に細かい横縞がありオオタカ♀だった。(ひどい写真ですが載せてしまいました^^;)
一番北側にあるソフトバンクのアンテナにもタカが止まっていた。今度はサシバ幼鳥だ。長いこと止まっていたが下へ降りた。その後1時間ほど観察したが再び見ることはなかった。
今日も風が無く蒸し暑くて、日影にじっとしていたのに汗をかいた。極めて不快だった。

  

サシバ*幼鳥がツミ幼鳥に付着されていた

2018.8.10

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月10日(金)

天候) 快晴

●観察した野鳥
サシバ1,ツミ1,ヒヨドリ1,ウグイス1,シジュウカラ3,スズメ10,ハシブトガラス4,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
オオタカサシバ幼鳥がツミ幼鳥に付着されていた。最初オオタカサシバ幼鳥はハシブトガラスに追われていたが、いつの間にかツミ幼鳥がくっついていた。
鳥が少ないといつも嘆いているが、オオタカサシバ幼鳥とツミ幼鳥が見られてビックリ!
ツクツクボウシの声が盛んになってきたが、例年よりかなり少ない。
*初出時オオタカとしましたがサシバの誤りでした。お詫びして訂正いたします。(8/14)

  

シジュウカラ幼鳥4+羽の親子が見られた

2018.6.26

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年6月26日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ2,オオタカ1,ホトトギス1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ5,ウグイス3,シジュウカラ6,スズメ10,ハシボソガラス5,ハシブトガラス2,ガビチョウ2ラス05,ハシブトガラス02,ガビチョウ02

●メモ
シジュウカラ幼鳥4+羽の親子が見られた。
早朝にはホトトギスの大きな声が聞こえた。
オオタカが尾根の向こうに消えるのが見えた。
稲の苗が伸びてきた田に。まだカルガモ2羽が見られた。間もなく着水できなくなる。しばらくしてからカルガモが飛去して行くのが見られた。
ハキダメギクが咲いていた。
ショウジョウトンボ、ギンヤンマが見られた。

  

ホオジロ♀がイモムシを捕らえた

2018.5.21

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年5月21日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ2,オオタカ1,,ツバメ2,ウグイス6,ホオジロ1,カワラヒワ3,スズメ5,ムクドリ20,ハシブトガラス10,コジュケイ1

●メモ
ホオジロ♀がイモムシを捕らえた。
水が入った田にツバメが巣材を取りに来ていた。
カルガモ2羽も見られた。
頭上低空をハシブトガラスに追われたオオタカが通過した。(@_@)出会い頭の一瞬のできごと。
スイカズラ、テイカカズラ、クリの花が咲いていた。
アカボシゴマダラが見られた。

  

久しぶりホオジロ♀を見て、 オオタカ若は低空を通過した

2017.11.15

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年11月15日(水)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,キジバト2,ハクセキレイ3,ヒヨドリ20,モズ3,ホオジロ1,スズメ100,ムクドリ30,オナガ1,ハシボソガラス9,ハシブトガラス100

●メモ
久しぶりホオジロ♀を見た。ヘクソカズラの実を食べに来たのではありません。
オオタカ若が低空を通過した。
何かに驚いてハシブトガラスが飛んだ。尾根筋からも飛んで100羽を軽く超えていた。
スズメも100羽以上見られた。
反面、冬鳥は見られなかった。気配もなかった。

  

ホトトギスが鳴きながら飛ぶのが見られた

2017.5.29

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年5月29日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,キジバト1,ホトトギス1,ヒヨドリ3,ウグイス6,シジュウカラ2,メジロ3,スズメ5,ムクドリ50,ハシボソガラス2,ハシブトガラス50,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
ホトトギスが鳴きながら飛ぶのが見られた。
久しぶりにオオタカが飛んでいるのを見た。
ムクドリは幼鳥に給餌するのが見られ、数が増えた。
ザクロが咲いた。
日差しは強かったが爽やかな風が吹き心地よかった。

  

オオタカ♀が飛んできて田んぼで採食しているカルガモ2羽の真上10mを通過

2016.6.17

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月17日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ3,オオタカ1,キジバト1,ツバメ5,ハクセキレイ3,ヒヨドリ4,ウグイス5,シジュウカラ1,ムクドリ20,ハシボソガラス1,ハシブトガラス5

●メモ
背後からオオタカ♀が飛んできて田んぼで採食しているカルガモ2羽の真上10mを通過して向かいの林に飛び込んだ。しばらくして稜線上から飛び出して行くのが見られた。
ハクセキレイ幼鳥1羽が田に飛来したが田には水がいっぱいで畦にしばらくいただけだった。
ツバメもちょっとだけ田の上を飛んだだけ。一時上空に5羽ほどが見られたが別の方向へ飛去した。
ホトトギスの気配はまったくなかった。
すべての田が冠水しコチドリも期待できそうもない。1枚の田を除いて田植えも終わっている。

  

至近の柿畑でハシブトガラスが騒いだ、その途端オオタカが飛び出し頭上を横切った

2016.5.2

kanban裏山(横浜市)

環境)里山

日付) 2016年5月2日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ2,オオタカ1,キジバト6,ツバメ1,ヒヨドリ5,ウグイス4,シジュウカラ2,スズメ3,ムクドリ3,ハシボソガラス5,ハシブトガラス5,ガビチョウ2

●メモ
至近の柿畑でハシブトガラスが騒いだ、その途端オオタカが飛び出し頭上を横切った。多分、幼鳥。
放置されたサクランボをヒヨドリ、ムクドリが食べに来ていた。
カルガモは田んぼで採食していたが思いの外、警戒的だった。

  

オオタカ若鳥が低空を通過した

2016.2.4

kanban裏山
(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年2月4日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,キジバト5,コゲラ3,ハクセキレイ1,ヒヨドリ15,モズ1,シロハラ1,ツグミ4,シジュウカラ2,カシラダカ20,アオジ2,スズメ50,ムクドリ30,ハシボソガラス5,ハシブトガラス2,コジュケイ3

●メモ
オオタカ若鳥が低空を通過した。
コゲラ3、シジュウカラ2の混群が見られた。
この時、地上などにもカシラダカの群れ、ツグミ2羽、アオジ数羽、ヒヨドリ数羽が見られた。
晴れていが低空に雲があって丹沢山さえも見えず。

  

ナシ畑のホオジロ類が何かに驚いてサクラに止まった、カシラダカだけで40+羽を見た

2015.12.14

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年12月14日(月)

天候) 曇

●観察した野鳥
オオタカ1,キジバト5,ハクセキレイ3,ヒヨドリ8,ジョウビタキ2,ツグミ1,シジュウカラ3,ホオジロ5,カシラダカ40,スズメ50,ムクドリ7,ハシボソガラス10,ハシブトガラス5

●メモ
頭上低空をオオタカがハシブトガラス2羽に追われて通過した。絶好の撮影チャンスだったが所用の電話中で取り損なった。^_^;
ナシ畑のホオジロ類が何かに驚いてサクラに止まった。
カシラダカだけで40+羽を見た。ここでは初めて見る大きな群れだ。
ホオジロも5+羽はいた。