ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

ムクドリの群れが見られなくなり、観察される種数も減ってきた

2017.6.24

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月24日(土)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ2,ハクセキレイ1,ヒヨドリ5,ウグイス4,カワラヒワ5,スズメ10,ハシブトガラス2,ガビチョウ1

●メモ
ムクドリの群れが見られなくなり、観察される種数も減ってきた。
今日も一時カワラヒワの小群が見られた。

  

シジュウカラが狭い範囲で10+羽見られた、幼鳥も入っていた

2017.6.23

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月23日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト3,ヒヨドリ5,ウグイス4,シジュウカラ10,メジロ3,カワラヒワ1,スズメ10,ムクドリ1,ハシブトガラス5,ガビチョウ2

●メモ
シジュウカラが狭い範囲で10+羽見られた。幼鳥も入っていた。
ヒマワリが咲いた。
ヤマモモの実が赤くなってきた。
キウイフルーツやミツバアケビの実が大きくなってきた。
カノコガが目立った。

  

カワラヒワ7羽の群れが見られた

2017.6.22

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年6月22日(木)

天候) 雲

●観察した野鳥
カルガモ1,ヒヨドリ1,ウグイス3,シジュウカラ2,カワラヒワ7,スズメ10,ムクドリ10,ハシブトガラス2,ガビチョウ1

●メモ
カワラヒワ7羽の群れが見られた。
近年、田んぼがきちんと平に整地され、水が入ると田はほぼ全面水没してしまう。そのため小鳥は水を飲むことも、水浴びも、ムシや種を食べることもできない。田にはコチドリもカワラヒワもツバメも見られない。

  

ウグイスの声が多く聞かれた

2016.6.27

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月27日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,キジバト2,ツバメ3,ヒヨドリ3,ウグイス6,シジュウカラ3,メジロ10,スズメ5,ムクドリ10,ハシボソガラス1,ハシブトガラス3,ガビチョウ1

●メモ
ウグイスの声が多く聞かれた。4か所では至近で鳴いたが、なかなか姿は見られない。
メジロ幼鳥主体、シジュウカラ幼鳥入り混群が見られたが、慌ただしく飛び交っていて数は不明。
ホトトギスの気配はなかった。

  

*WEB探鳥*「鳥・撮り・トリミング・アカショウビンの口の中」

2016.6.26

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

*WEB探鳥*「軽井沢野鳥の森ブログ・この子誰の子?」あっ!ノジコのオス!!

2016.6.25

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

*WEB探鳥*「日本野鳥の会 札幌支部・元気に成長中!円山公園」オシドリ雛たち、元気に成長中です

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

里山の入り口でホトトギスの大きな声が聞こえていた

2016.6.24

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月24日(金)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,ホトトギス1,ツバメ10,ハクセキレイ1,ヒヨドリ3,ウグイス5,スズメ10,ムクドリ30,ハシボソガラス2,ハシブトガラス2,ドバト2
●メモ
里山の入り口でホトトギスの大きな声が聞こえていた。例によって姿を見付けられずだったが、しばらくして背後から真上を通過して行った。歩いてきた雑木林の上にいたようだ。
ツバメが田の上などに飛来し一時は10羽ほどが飛び交った。幼鳥も何度か撮影され家族群と思われた。
アキアカネが笹の葉の上に止まっていた。

  

田植えが終わっておらず全部が冠水していない田んぼにコチドリ1羽がいた

2016.6.14

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月14日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ3,トビ1,キジバト1,コゲラ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ1,ウグイス3,カワラヒワ1,スズメ40,ムクドリ3,ハシブトガラス4,ガビチョウ2

●メモ
田植えが終わっておらず全部が冠水していない田んぼにコチドリ1羽がいた。最奥部にいたが犬を連れた人が私の後ろを通ったら飛んでしまった。
ムクドリ幼鳥15羽の群れが電線に並んでいた。

  

シジュウカラ、メジロ各10羽+、コゲラ2羽の混群が見られた、全体では20羽以上がいた

2015.6.30

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月30日(火)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ2,キジバト1,コゲラ2,ツバメ4,ハクセキレイ2,ヒヨドリ2,ウグイス2,シジュウカラ15,メジロ10,スズメ20,ムクドリ30,ハシボソガラス1,ハシブトガラス7,コジュケイ1,ドバト1,ガビチョウ1

●メモ
小菅ケ谷北公園頂上付近でシジュウカラ、メジロ各10羽+、コゲラ2羽の混群が見られた。全体では20羽以上がいた。例によって慌ただしく移動していた。幼鳥の群れと思われた。1時間半待ってみたが次の群れが見られることはなかった。
シジュウカラ幼鳥5+羽の群れが見られた。
ネムノキが満開だった。

  

小菅ケ谷北公園頂上付近でエナガ、シジュウカラ、メジロ各3羽+の混群が見られた

2015.6.29

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月29日(月)

天候) 曇のち晴

●観察した野鳥
カルガモ2,キジバト2,ホトトギス1,ツバメ15,ハクセキレイ4,ウグイス4,エナガ3,シジュウカラ10,メジロ3,カワラヒワ2,スズメ10,ムクドリ3,ハシボソガラス3,ハシブトガラス4

●メモ
小菅ケ谷北公園頂上付近でエナガ、シジュウカラ、メジロ各3羽+の混群が見られた。全体では15羽以上がいた。例によって慌ただしく移動していた。幼鳥の群れと思われた。
シジュウカラ成鳥1羽と幼鳥6羽の群れが見られた。
ツバメが電線に並んでいた。14羽の群れで給餌するのも見られた。
ウスバキトンボが見られた。

  

シジュウカラ繁殖記番外編

庭とり
(庭で見られた野鳥の話題/横浜市)

  

16時頃、シジュウカラ幼鳥1羽が庭の池で水死しているのを見つけた

2015.6.28

庭とり
(庭で見られた野鳥の話題/横浜市)
16時頃、シジュウカラ幼鳥1羽が庭の池で水死しているのを見つけた。今年は幼鳥を見ていなかったので我が家生まれの個体と思われる。残念! 夜はハクビシンに糞をされないように池に蓋をしているので今日のできごとだ。不確かだが午前中には見られなかったので、数時間前の出来事と思われる。
この写真撮影中シジュウカラ幼鳥の群れ5+羽が慌ただしく庭を通過して行った。

  

今日ようやく残りのシジュウカラ3羽が巣立った

2015.6.27

庭とり
(庭で見られた野鳥の話題/横浜市)
今日ようやく残りのシジュウカラが3羽が巣立った。3日間に渡る巣立ちは我が家の巣箱では初めてのことだった。
1羽目 14:39:02、2羽目 14:39:47、3羽目 14:42:42と3羽も巣立った。2羽目は撮影失敗。
前日の巣立ち数が不確かだが、最近では6羽位が普通なので6〜7羽が巣立ったと思われる。
尾羽も長く伸びていて、しっかり飛んであという間に我家の庭を後にして行った。

  

昨日巣立たなかったシジュウカラは今日も巣立たなかった

2015.6.26

庭とり
(庭で見られた野鳥の話題/横浜市)
親鳥が運んでくるムシの大部分は庭やご近所で大発生しているルリチュウレンジの幼虫だ。ムシが小さいので餌不足になっているのかも知れない。

  

シジュウカラ多分5羽が巣立った

2015.6.25

庭とり
(庭で見られた野鳥の話題/横浜市)
11時54分、多分4羽目のシジュウカラ幼鳥が巣立った。気がついたのは3羽目の巣立ちの時だった。庭に既に2羽の幼鳥の姿があった。4羽目と思われるは、身を乗り出していて思いがけずに外にでてしまい慌てて巣箱にしがみついていた。 続いてもう1羽巣立ち更にもう1羽が巣箱に残っていた。19時前まで観察したが巣穴から顔を見せることもなかった。

  

行きと帰りに同じ場所でホトトギスが飛んで行くのを見た

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月25日(木)

天候) 曇のち晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,キジバト3,ホトトギス1,ツバメ1,ヒヨドリ1,ウグイス3,シジュウカラ1,スズメ30,ハシブトガラス3,コジュケイ1

●メモ
行きと帰りに同じ場所でホトトギスが飛んで行くのを見た。
ナスの花が咲いた。

  

新橋下流で幼鳥10羽連れのカルガモ親子が見られた

2015.6.23

kanbanいたち川・天神橋〜柏尾川合流点付近(横浜市)

環境) 河川中流

日付) 2015年6月23日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
アオサギ1,カルガモ13,カワセミ2,ツバメ1,ハクセキレイ2,カワラヒワ1,スズメ3,ムクドリ1,ドバト

●メモ
新橋下流で幼鳥10羽連れのカルガモ親子が見られた。前回見られたのと同じ群れだろうか?
ハクセキレイ幼鳥2羽が上を飛ぶシオカラトンボに何度か襲いかかるのが見られた。届かないと見透かしているのかシオカラトンボは何度も同じ所を飛んでいた。
アオサギは暑さで口パクしていた。
遊歩道のタチアオイが目立った。

  

*WEB探鳥*「syrinxブログ編・ジョウビタキのさえずり」環境は、標高1,000m以上の山地、森林が近くにある住宅地です

WEB探鳥

WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。