ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

少なくとも2羽のサンコウチョウが見られ、追いかけっこもしていた

2018.9.19

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月18日(火)

天候) 曇

●観察した野鳥
ヒヨドリ1,サンコウチョウ2,シジュウカラ10,メジロ1,スズメ100,ハシブトガラス3,コジュケイ2,ガビチョウ1

●メモ
丘の上からたくさんの小鳥が、梢を伝って降りて来るのが見られた。少なくとも2羽のサンコウチョウが見られ、追いかけっこもしていた。シジュウカラ主体の混群でメジロも入っていた。動きが早くて良く分からなかった、が30羽以上はいたようだ。

  

丘の上のサクラの梢にヒヨドリ4羽の群れが見られた

2018.9.18

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月18日(火)
天候) 曇

●観察した野鳥
キジバト3,コゲラ1,ヒヨドリ4,シジュウカラ15,メジロ5,スズメ100,ハシボソガラス5,ハシブトガラス3,コジュケイ2

●メモ
丘の上のサクラの梢にヒヨドリ4羽の群れが見られた
シジュウカラ、メジロ、コゲラの混群10+羽が見られた。
別の場所でもシジュウカラ10+羽と、メジロの混群20羽ほどが見られた。
ヒヨドリバナが咲いていた。

  

散歩の終盤になってサシバ幼鳥1羽が見られた

2018.9.17

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月17日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ1,キジバト1,シジュウカラ2,スズメ50,ハシブトガラス2,コジュケイ2

●メモ
散歩の終盤になってサシバ幼鳥1羽が見られた。いつもと260mほど離れたアンテナに止まったが、しばらくして私の居る方向へ真東に頭上低空を飛んだ。
ニラが花盛り。
ヤブガラシにたくさんのキイロスズメバチが来ていた。

  

サシバ幼鳥1羽が見られた、早朝の短時間のみ

2018.9.13

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月13日(木)

天候) 晴たり曇ったり

●観察した野鳥
サシバ1,ツバメ2,スズメ100,ハシブトガラス10

●メモ
サシバ幼鳥1羽が見られた。ハシブトガラスに付着されていた。見られたのは早朝の短時間のみ。
アキノノゲシが咲いていた。
昨日に続き日差しも弱く早朝は肌寒かった。

  

サシバ幼鳥1羽が見られた、ハシブトガラスに付着されていた

2018.9.12

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月12日(水)

天候) 晴たり曇ったり

●観察した野鳥
サシバ1,ツバメ1,ハクセキレイ1,スズメ20,ムクドリ20,ハシブトガラス50,コジュケイ2

●メモ
サシバ幼鳥1羽が見られた。ハシブトガラスに付着されていた。
キツネノマゴが咲いているのに気づいた。
キクイモはかなり前から咲いている。

  

珍しくハヤブサ幼鳥が見られた

2018.9.11

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月11日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ2,ハヤブサ1,キジバト1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ1,スズメ100,ムクドリ20,ハシボソガラス1,ハシブトガラス

●メモ
珍しくハヤブサ幼鳥が見られた。
500mほどの距離を隔ててサシバ幼鳥2+羽が見られた。
100羽ほどのスズメの群れが稲穂に集まっていた。
前線が南に下がり、北風も強く早朝は肌寒かった。

  

50m先の枯れ枝にエゾビタキが止まっていた、今秋初認

2017.9.20

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年9月20日(水)

天候) 雲

●観察した野鳥
チョウゲンボウ1,キジバト1,エゾビタキ1,スズメ3,ハシブトガラス2

●メモ
50m先の枯れ枝にエゾビタキが止まっていた。写真は同一個体。
キジバト1羽が熱心にアカメガシワの実を食べていた。
久しぶりにチョウゲンボウが見られた。

  

エゴノキの実が残り少なくなった今朝、初めてヤマガラが実を食べるのを写せた

2017.9.19

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年9月19日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト2,ハクセキレイ1,モズ1,ヤマガラ3,シジュウカラ1,スズメ30,ムクドリ30,ハシブトガラス3,コジュケイ2

●メモ
エゴノキの実が残り少なくなった今朝、初めてヤマガラが実を食べるのを写せた。行きには見られず帰り道で仕方なくタイワンリスを写していたら、ヤマガラも飛来した。2羽が一緒だった。散歩の最後にはAUのアンテナの下の枯木にいるのも見かけた。計3羽を見た。 
モズ♂がAUのアンテナ天辺に止まっていた。シーズン初めは、裏山で一番高い、三つある携帯アンテナのいずれかに止まっているのを良く見かける。モズは一気には上がれず、作業用の梯子を伝って数回休みながら40m登る。

  

*WEB探鳥*サービスが良かったのはハリオアマツバメでした

2017.9.18

WEB探鳥

  

モズ♂が電線に降りていてしばらく過ごしていた

2017.9.15

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年9月15日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ1,ハクセキレイ1,モズ1,シジュウカラ2,スズメ50,ハシブトガラス3,コジュケイ2

●メモ
モズ♂が電線に降りていてしばらく過ごしていた。ちょっとぐぜったりもした。
アキノノゲシが咲いていた。

  

コサギ3,アオサギ3が見られた

2017.9.14

kanbanいたち川・天神橋〜いたち川橋
(横浜市)

環境) 河川中流

日付) 2017年9月14日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
カワウ2,コサギ3,アオサギ3,カルガモ15,バン3,イソシギ1,カワセミ1,ハクセキレイ1,シジュウカラ1,スズメ10,ハシブトガラス1,ドバト

●メモ
コサギ3,アオサギ3が見られた。
バンも3羽見られた。
イソシギが珍しく川の中央部で採食していた。
オオブタクサが咲いていた。

  

この秋初めてモズを見た

2017.9.13

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年9月13日(水)

天候) 晴

●観察した野鳥
モズ1,スズメ20,ハシブトガラス2,ガビチョウ1

●メモ
里山入口から見えるドコモのアンテナの天辺に何か止まっているように見えた。写して見たらモズと思えたので階段の手すりにレンズを乗せて100カット以上写した。^_^;直線距離で320mあるようだ。早朝なのでシーイングが良かった。
鳴き声だけのガビチョウも入れて4種のみの観察。

  

この秋初めてコサメビタキが見られ、サシバと思われるがソアリングしていた

2017.9.11

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年9月11日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ1,サシバ1,キジバト1,コゲラ1,コサメビタキ1,エナガ3,シジュウカラ2,メジロ2,スズメ2,ハシボソガラス3,ハシブトガラス1,コジュケイ1

●メモ
この秋初めてコサメビタキが見られた。
サシバ幼鳥と思われるがソアリングしていた。
同時に低空を横切る猛禽を見たが上記撮影中で確認し損なってしまった。
丘の上の枯れ木の梢からエナガ、シジュウカラ、コゲラ、メジロが飛立って行った。10羽ほどの混群だった。
裏山にも秋の渡りの季節が来た。これからの毎日が楽しみ(^・^)

  

*WEB探鳥*「石垣島BIRD観察・秋の渡りが?」アマサギ数百の群れが田んぼに飛来していました

2016.9.20

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

*WEB探鳥*「室見川の野鳥・野鳥ニュース25号アップ!!(09.18)」センダイムシクイにコサメビタキが見られましたし、本当に久しぶりにツツドリの若い個体が

2016.9.19

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

ムクドリの群れ、スズメの群れが、それぞれ100羽以上になっていた

2016.9.17

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年9月17日(土)

天候) 曇のち晴

●観察した野鳥
キジバト2,ハクセキレイ1,スズメ100,ムクドリ100,ハシボソガラス3,ハシブトガラス5

●メモ
ムクドリの群れ、スズメの群れがそれぞれ100羽以上になっていた。
6種しか観察できなかった。
キビタキ♂、ノスリと思われるを見たが確認できなかった。
今年は久しぶりに秋の長雨となって凌ぎやすくありがたいが、鳥見もできないので寂しい。

  

*WEB探鳥 ようやく万越え 野鳥通信…対馬から 「今日の野鳥」/ウェブリブログ、山の中にはかなりのアカハラダカが降りていました

2016.9.16

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

一瞬、サンコウチョウ幼鳥が見られた

2016.9.12

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年9月12日(月)

天候) 晴のち曇

●観察した野鳥
キジバト2,ヒヨドリ1,サンコウチョウ1,シジュウカラ2,スズメ100,ムクドリ50,ハシボソガラス1,ハシブトガラス3,コジュケイ1

●メモ
一瞬、サンコウチョウ幼鳥が見られた。散歩の途中何度かチェックしたが見たのはこの時だけ。
スズメの群れが大きくなった。
擁壁のニホンミツバチの気配がなくなった。スズメバチは見ていなかったし、巣穴の下に亡骸もない。降雨が続いたせいだろうか。ちょっと前にはたくさん巣穴の入口でたむろしてるのが見られていた。
カナムグラの花が目だった。

  

*WEB探鳥*「窓辺の小太郎・ハジロカイツブリ」300羽ほどの群れが5群、湾の真ん中あたりで小魚を追いかけているようでした

2015.10.23

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。