ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

ホトトギスが鳴きながら飛ぶのが見られた

2017.5.29

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年5月29日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,キジバト1,ホトトギス1,ヒヨドリ3,ウグイス6,シジュウカラ2,メジロ3,スズメ5,ムクドリ50,ハシボソガラス2,ハシブトガラス50,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
ホトトギスが鳴きながら飛ぶのが見られた。
久しぶりにオオタカが飛んでいるのを見た。
ムクドリは幼鳥に給餌するのが見られ、数が増えた。
ザクロが咲いた。
日差しは強かったが爽やかな風が吹き心地よかった。

  

ハクセキレイがムシをたくさんくわえて飛んで行った

2016.7.11

kanban裏山((横浜市)

日付) 2016年7月11日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ1,キジバト2,ホトトギス1,ツバメ2,ハクセキレイ2,ヒヨドリ2,ウグイス5,シジュウカラ1,メジロ1,スズメ5,ハシボソガラス1,ハシブトガラス5,ドバト3,ガビチョウ3

●メモ
ハクセキレイがムシをたくさんくわえて飛んで行った。近くにいた幼鳥を追い払うような行動も見せた。
ホトトギスが盛んに鳴いていた。近くから黙って飛び立つのが見られ、上空を鳴かずに往復するのも見られた。
カラスウリの花がしぼんでいた。
ヒメオウギスイセンの花が目だった。

  

ホトトギス頭上高くを鳴きながら通過したり、1カ所で盛んに鳴いたりもした

2016.7.1

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年7月1日(金)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ1,ホトトギス1,ツバメ1,ヒヨドリ1,ウグイス5,シジュウカラ2,スズメ3,ハシボソガラス1,ハシブトガラス2,ガビチョウ1

●メモ
ホトトギス頭上高くを鳴きながら通過したり、1カ所で盛んに鳴いたりもした。
ヒヨドリも目立つどころで短くヒーッ、ヒーッと鳴いていた。
ウグイスの声が多く聞かれた。

  

里山の入り口でホトトギスの大きな声が聞こえていた

2016.6.24

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月24日(金)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,ホトトギス1,ツバメ10,ハクセキレイ1,ヒヨドリ3,ウグイス5,スズメ10,ムクドリ30,ハシボソガラス2,ハシブトガラス2,ドバト2
●メモ
里山の入り口でホトトギスの大きな声が聞こえていた。例によって姿を見付けられずだったが、しばらくして背後から真上を通過して行った。歩いてきた雑木林の上にいたようだ。
ツバメが田の上などに飛来し一時は10羽ほどが飛び交った。幼鳥も何度か撮影され家族群と思われた。
アキアカネが笹の葉の上に止まっていた。

  

ホトトギスがごく近くで鳴いていたが姿は見られず。(+_+)

2016.6.18

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月18日(土)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,キジバト2,ホトトギス1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ4,ウグイス5,シジュウカラ3,スズメ5,ムクドリ3,ハシブトガラス4,コジュケイ1,ガビチョウ1
●メモ
ホトトギスがごく近くで鳴いていたが姿は見られず。(+_+)
ウグイスも数カ所で至近距離で声を聞いたが見られず。先日は振り返ったら電線上で鳴いていた、ということがあった。

  

ホオジロ2羽が前方に降りた

2016.6.2

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年6月2日(木)

天候) 快晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ2,キジバト1,ホトトギス1,ツバメ1,ハクセキレイ5,ヒヨドリ4,ウグイス5,ホオジロ2,スズメ5,ムクドリ20,ハシボソガラス4,ハシブトガラス5,ドバト1

●メモ
狭い谷戸上空に突然ホトトギスの声が響いた、咄嗟にワイド端にズームダウンして何とか姿を捉えることができた。
ホオジロ2羽が前方に降りた。カイヅカイブキの中ほどに♂がしばらくしがみついていた。♂が去った後、梢に♀がいたのに気づいた。こちらもしばらくして飛去。40m程離れて見ていたがもう飛来しなかった。
ハクセキレイ親子は今日も短時間姿を見せた。水位が高いせいか採食できる範囲が少ないようだ。他にも幼鳥数羽が見られ全体の数は良くわからない。
(注)昨日の掲載データに誤りがありました。修正いたしました。すみません。

  

行きと帰りに同じ場所でホトトギスが飛んで行くのを見た

2015.6.25

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月25日(木)

天候) 曇のち晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,キジバト3,ホトトギス1,ツバメ1,ヒヨドリ1,ウグイス3,シジュウカラ1,スズメ30,ハシブトガラス3,コジュケイ1

●メモ
行きと帰りに同じ場所でホトトギスが飛んで行くのを見た。
ナスの花が咲いた。

  

ホトトギスは今朝もごく短時間鳴き声が聞かれた

2015.6.10

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年6月10日(水)

天候) うす曇

●観察した野鳥
カルガモ2,キジバト1,ホトトギス1,ツバメ5,ハクセキレイ4,ウグイス3,スズメ20,ムクドリ5,ハシボソガラス1,ハシブトガラス1,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
ホトトギスは今朝もごく短時間鳴き声が聞かれた。
カラ類も遠くにそれらしきを数羽見かけただけだった。

  

ハクセキレイ幼鳥2羽が見られた

2015.5.29

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年5月29日(金)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ2,キジバト2,ホトトギス1,ツバメ1,ハクセキレイ4,ヒヨドリ2,ウグイス3,シジュウカラ15,カワラヒワ2,スズメ10,ムクドリ10,ハシボソガラス1,ハシブトガラス2,ガビチョウ3

●メモ
ハクセキレイ幼鳥2羽が見られた。
シジュウカラ幼鳥の群れは複数個所で見られた。
今年はホトトギスが目立たない。
ヒメジョオン、ムラサキシキブ、ナツツバキが咲いた

  

ホトトギスが遠くで鳴いていた、初認!

2015.5.18

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年5月18日(月)

天候) 雲ときどき晴

●観察した野鳥
カルガモ2,トビ1,キジバト2,ホトトギス1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ2,ウグイス5,ホオジロ2,スズメ1,ムクドリ1,ハシボソガラス1,ハシブトガラス2,コジュケイ1

●メモ
ホトトギスが遠くで鳴いていた。初認!
通りがかった所へホオジロ♂も来合わせた。長いことキョロキョロしていたが。キヌサヤ畑のブッシュに降りた。♀も飛来したがすぐ飛んでしまった。♂は50m以上離れて20分ほど見ていたが気配がなくなってしまった。
ヒルガオが咲き始めた。
ガマズミ、スイカズラ、ハコネウツギ、ツルマンネングサは満開。
羽化したばかりと思われるゴマダラチョウが見られた。

  

ホトトギスの声が至近距離で聞かれた、てっきりホトトギスと思って写していたらツミ幼鳥だった

2014.6.27

kanban瀬上市民の森(横浜市)

環境) 雑木林、小川、湿地、田

日付) 2014年6月27(金)

天候) 曇

●観察した鳥
ツミ1,ホトトギス1,コゲラ4,ツバメ2,ヒヨドリ1,ウグイス17,エナガ3,ヤマガラ1,シジュウカラ1,メジロ4,ホオジロ1,カワラヒワ3,スズメ10,ムクドリ1,ハシボソガラス1,ハシブトガラス4,コジュケイ2,ガビチョウ7

●メモ
ホトトギスの声が至近距離で聞かれた。いつもは姿を見つけられないのでちょっと近づいては飛ばれてしまっていたので今日は待った。計算通りハト大の鳥が見える所へ上がってきた。てっきりホトトギスと思って写していたらツミだった。^_^;ホトトギスはどこへ行ったの?という感じ。
エナガ幼鳥3+羽、ヤマガラ幼鳥の1羽の群れを見たが混群の最後尾に出会ったようでもっと大きな混群だと思われた。
ホオジロがさえずっていた。
キョウクトウ、ヤブミョウガ、ヤマユリが咲いていた。
ハンゲショウもきれいになっていた。

  

ホトトギス2羽の声が至近距離で聞かれた

2014.6.19

kanban瀬上市民の森(横浜市)

環境) 雑木林、小川、湿地、田

日付) 2014年4月16(木)

天候) 晴

●観察した鳥
ホトトギス2,カワセミ1,ツバメ1,ヒヨドリ1,ウグイス12,シジュウカラ2,メジロ2,スズメ20,オナガ1,ハシブトガラス2,ガビチョウ1

●メモ
ホトトギス2羽の声が至近距離で聞かれた。1羽すぐ飛去したがもう1羽は近くで大きな声で鳴いていた。ウグイスもけたたましい声で鳴いた。何が起きていたのかは不明。懸命に姿を探したが見付けられず。やむを得ず一歩踏み出し目の前の葉陰から飛び出した行った。
クワの実にはスズメが多く見られた。
写真を撮れたのはガビチョウだけ。

  

単独で行動しているように見えたシジュウカラ幼鳥が見られた

2014.6.14

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2014年6月14日(土)

天候) 快晴

●観察した野鳥
カルガモ7,ホトトギス1,ツバメ2,ヒヨドリ3,ウグイス2,シジュウカラ1,メジロ1,カワラヒワ2,スズメ15,ムクドリ5,ハシブトガラス2

●メモ
半分の田で田植えが終わりツバメ雌雄が巣材を取りに来ていた。
単独で行動しているように見えたシジュウカラ幼鳥が見られた。
丹沢山から天城山までよく見えていた.

  

ホトトギスが上空を通過した

2014.6.9

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2014年6月9日(月)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ2,ホトトギス1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ1,ウグイス4,シジュウカラ5,スズメ1,ムクドリ4,ハシブトガラス3,ドバト3,ガビチョウ1

●メモ
ホトトギスが上空を通過した。
コゲラが見られた。
ミズキが咲いていた。

  

今日もホトトギスが鳴きながら飛ぶのが見られた

2014.5.30

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2014年5月30日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
カルガモ4,ホトトギス1,ハクセキレイ2,ウグイス3,シジュウカラ8,スズメ1,ムクドリ15,ハシボソガラス2

●メモ
今日もホトトギスが鳴きながら飛ぶのが見られた。
アカボシゴマダラを見た。

  

ようやくホトトギスが見られた、初認。

2014.5.28

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2014年5月28日(水)

天候) 曇

●観察した野鳥
カルガモ2,キジバト2,ホトトギス1,セグロセキレイ2,ヒヨドリ2,ウグイス3,メジロ3,スズメ3,ムクドリ5,ハシボソガラス1,ハシブトガラス2,ガビチョウ2

●メモ
裏山の入口付近の住宅地でホトトギスの大きな鳴き声が聞こえた。階段を登ったらクヌギの大木の天辺で間近で鳴いていたが姿が見えない。盛んに鳴いて約20分後見当をつけていた辺りから飛び立った。その後フィールドを横切るのを見かけた。
田んぼにはセグロセキレイと思われる幼鳥2羽が見られた。かなり大きくなっている。

  

ホトトギスが鳴きながら上空を横切って行った、なぜかツバメが後を追っているように見えた

2013.7.26

kanban裏山散歩(横浜市)

環境) 里山

日付) 2013年7月26日(金)

天候) 雲

●観察した野鳥
ホトトギス1,ウグイス2,シジュウカラ2,メジロ3,スズメ10,ハシボソガラス3,ハシブトガラス5,コジュケイ2,ドバト3,ガビチョウ2

●メモ
ホトトギスが鳴きながら上空を横切って行った。なぜかツバメが後を追っているように見えた。20分後ホトトギスが鳴きながら元来た方向へ戻って行った。
中学校の校庭の高く張られたネットにシジュウカラ幼鳥2、メジロ3が止まっていた。
スズメが数羽が住宅の擁壁の水抜き穴から外を見ていた。
ミソハギが咲いていた。

  

メジロ10+、ヤマガラ親子3、スズメ3の群れが見られた

2013.7.19

kanban瀬上市民の森
(横浜市)

環境) 雑木林、小川、湿地、田

日付) 2013年7月19(金)

天候) 晴

●観察した鳥
キジバト2,ホトトギス1,ツバメ1,ヒヨドリ3,ウグイス13,ヤマガラ3,シジュウカラ2,メジロ20,スズメ5,ハシブトガラス3,コジュケイ1,ガビチョウ4

●メモ
メジロ10+、シジュウカラ2+の群れとメジロ10+、ヤマガラ親子3、スズメ3の群れが見られた。メジロは数が多く倍はいたかも知れない。
尾根筋を歩いていたらホトトギスが近くで鳴いていた。立ち止まったら目の前30mほどのスダジイの薄暗い下枝に止まった。しめたと思ったのもつかの間、私は動いていなかったにもかかわらずすぐ飛んでしまった。おかしいなと思ったらピンクのポロシャツを着たおじいさんが私を追い越して行った。くうっ!間が悪過ぎ(≧▼≦)ホトトギスは滞在中ずっと飛び回りながら鳴いていた
ウグイスは尾根筋を中心に観察された。
ガビチョウが目立った。
川沿いでキイロサナエと思われるがたくさん見られた。
ヤブミョウガ、ヤマハッカ、ミズヒキが咲いていた。
ヤナギ類の上でカブトムシ雌雄が対向して頭をくっ付け動かずにいた。
池の浅瀬にオイカワが集まって繁殖行動をしていた。
早朝はスカイツリーが見えていたが、反対側の山並みは丹沢だけしか見えなかった。

  

横手山ではさえずる小鳥たちが見られた・志賀高原

2013.6.19

kanban志賀高原・信州大学志賀自然教育園・横手山(長野県)

長野県信州大学志賀自然教育園からライブ音の小鳥のコーラスに魅せられて志賀高原を訪ねた。信州大学志賀自然教育園は28年ぶり2度目の訪問だ。

環境) 亜高山帯

2013年5月27日(月)〜6月3日(月)

●観察した野鳥と観察メモ
5月27日〜5月30日
蓮池〜木戸池〜渋の湯ロッジ 自然探勝コースと自動車道
アオサギ,トビ,カッコウ,ホトトギス,イワツバメ,キセキレイ,モズ,ウグイス,ヒガラ,ホオジロ,ニュウナイスズメ,カケス,ハシブトガラス
初日に蓮池〜木戸池間の自然探勝路を登り、翌日は自動車道を下った。登りは結構アップダウンがきつかった。
蓮池ではニュウナイスズメが見られた。
田の原湿原バス停付近道路脇の湿地にクロサンショウウオのものと思われる卵のうがあった。
宿の周辺ではカケス、モズ、ホオジロ、キセキレイ、カッコウ、アオサギ、マガモが見られた。部屋からも角間川にアオサギが行き来するのが見られ、カモも飛んで行くのを見た。平床付近の湿地からマガモを飛ぶのも見たので多分マガモ。カケスもシラカンバ林で移動するのが見られた。

5月31日
信州大学自然教育園
カッコウ、ルリビタキ、ホオジロ、クロジ、ヒガラ、ハシブトガラス
入り口でクロジ成鳥♂を見た。
ルリビタキは入り口付近で見て聞いて、まが玉の丘でも見聞きした。さえずりだけもふくめると計10羽ほどを観察した。1カ所では2羽が激しい追いかけっこしていた。樹冠の下の暗い所を主戦場にして絶えず動いていたので撮影できなかった。2度ほど私の頭の上の数メートルのコメツガの枝にも止まり目の前を飛んで行った。
ヒガラはコケを運ぶものなど2羽を見かけた。(写真1)
標高の高い所には残雪があったが凍っていなかったので危険は無かった。
続きを読む →