ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

ハクセキレイを追い払った後5mほどホッピングして移動したオオヨシキリ

2014.6.15

  

久保橋下流でオオヨシキリがさえずっていた

2014.6.13

kanban金井遊水地 柏尾川中流
(横浜市)

環境) 遊水池 河川中流

日付) 2014年6月13(金)

天候) 快晴

●観察した鳥
カワウ15,アオサギ10,カルガモ7,キジバト1,ツバメ3,ハクセキレイ1,オオヨシキリ1,スズメ3,ドバト,ハッカチョウ1

●メモ
久保橋下流でオオヨシキリがさえずっていた。遊歩道のクスノキにも飛来してさえずった。
ヒメガマから突然飛び出すアオサギ数羽が見られた。繁殖しているのかも知れない。
今日もカイツブリを確認できず。

  

「気ままにバードウォッチング!!」オオヨシキリ巣立ち子!

2013.6.22

  

オオヨシキリが盛んにぐぜっていた

2013.5.13

kanban金井遊水地 柏尾川中流(横浜市)

環境) 遊水池 河川中流

日付) 2013年5月13(月)

天候) 晴

●観察した鳥
カイツブリ1,カワウ17,アオサギ6,カルガモ6,カワセミ4,ツバメ1,ハクセキレイ1,オオヨシキリ1,カワラヒワ1,スズメ2,ムクドリ3,ハシブトガラス2,ドバト,ハッカチョウ2

●メモ
オオヨシキリが盛んにぐぜっていた。姿は見られず。
柏尾川の中州でカルガモ親子が休んでいた。ヒナは5+羽だった。
ヒメガマ群落に6羽のアオサギが見られた。繁殖に来ていると思われる。
ここも鳥が極めて少なかった。

  

「行徳野鳥観察舎日誌」保護区鳥情報4/27 オオヨシキリの囀り

2013.4.29

  

「馬見の鳥 – 夏鳥飛来|馬見丘陵公園の野鳥」センダイムシクイ、キビタキ、オオルリ、オオヨシキリ

2013.4.25

  

近所の田んぼでオオヨシキリがぐぜっていた

2011.5.18

kanban柏尾川・金井遊水池(横浜市)

環境) 河川中流/遊水池

日付) 2011年4月14日 (木)

天候) 晴

●観察した野鳥
カイツブリ4,カワウ10,コサギ1,アオサギ5,カルガモ6,バン2,イソシギ1,キジバト1,カワセミ1,ツバメ7,ハクセキレイ2,シジュウカラ1,カワラヒワ3,スズメ8,オナガ2,ハシボソガラス1,ドバト,ハッカチョウ2

●メモ
遊水地は水が多くアオサギの繁殖はできなそう。
砂州も小さくコチドリも見られなかった。
頭上の遊歩道のサクラにカワラヒワ2羽が止まった。親子連れですぐ給餌を始め給餌を終えると移動して行った。
ノイバラが満開だった。
近所の田んぼでオオヨシキリがぐぜっていた。追いかけっこもしていたので2羽いたようだ。

  

オオヨシキリ1羽が盛んに鳴いていた

2010.5.15

kanban柏尾川・金井遊水池(横浜市)

環境) 河川中流/遊水池

日付) 2010年5月15日 (土)

天候) 晴
●観察した野鳥
カイツブリ4,カワウ3,コサギ1,アオサギ4,バン1,イソシギ1,カワセミ1,ハクセキレイ4,オオヨシキリ1,スズメ5,ハシボソガラス1,ドバト,ハッカチョウ4

●メモ
カイツブリ親子が巣にいてヒナ2羽が親鳥の背中に乗っていた。
オオヨシキリ1羽が盛んに鳴いていた。
遊水地はヒメガマなどの除去が行われていた。
ハッカチョウが浚渫されたばかりの泥土に数羽群れていた。この冬はカモが期待できるかな。
エゴノキの花が咲いていた。
ノイバラは満開。

  

フォトレポート、写真集を更新しました。

2009.7.7

フォトレポートに
2009. 7.4 裏山でアオサギ幼鳥が見られた。
2009. 6.26 2羽でのんびりしていたコジュケイ

を掲載しました。

続きを読む →

  

ヨシゴイは最終的には5+羽を見た。

2008.6.19

kanban

【県 名】 新潟県

【場 所】 瓢湖水きん公園(阿賀野市水原)

【環 境】 湖畔・公園

【年月日】 2008年 6月 18日 (水)

【天 候】 晴

【観察種】

ヨシゴイ バン スズメ
ゴイサギ コアジサシ ムクドリ
コハクチョウ キジバト ハシボソガラス
マガモ ツバメ ハシブトガラス
カルガモ モズ
ホシハジロ オオヨシキリ

【備 考】
16時頃からヨシゴイを見かけるようになり、最終的には5+羽を見た。1羽は岸側にも飛来した。ハスはほとんどが茎を立ち上げてなくてハスにはヨシゴイが出て来なかった。
オオヨシキリが多かった。
カルガモはヒナ2羽と9羽を連れた親子が見られた。
コアジサシも2羽見られた。
所用のついでに立ち寄った。あやめ祭り(6月10日〜6月30日)が行われていて、アヤメはきれいだったが人出も多かった。
データの整理にはBirding NoteのFN Assistantを利用させていただきました。

  

オオヨシキリ1羽がヨシを伝いながら採食していた。

2007.10.7

kanban2007年10月7日オオヨシキリ1羽がヨシを伝いながら採食していた。時々ジャッジャッと地鳴きしていた。

  

フォトレポート・移動していたオオヨシキリの小群

2006.8.2

2006.8.2
移動していたオオヨシキリの小群

  

オオヨシキリが2ヶ所で見られた。

2005.9.3

kanban2005年9月3日オオヨシキリが2ヶ所で見られた。1ヶ所はガマの茂みの水面近くで1羽が採餌していた。もう1ヶ所はオイヌタデなどが咲くやや乾燥したブッシュで2〜3羽が葉を揺らしていた。今まで目立つ所にはほとんど出て来なかったのに、しばしば獲物を狙って草むらの上部に出て来た。獲物は豊富で次から次へと捕らえていた。渡りに備えているのか?

  

ぐぜっていたオオヨシキリ幼鳥?

2005.7.28

kanban2005年7月28日ぐぜっていたオオヨシキリ幼鳥?
チャッチャッと聞こえる鳴き声がススキの原から聞こえた。羽縁が白いしどこか幼く見える。オオヨシキリだろうか。200mほど離れた場所にも1羽+がいて草むらを揺らしていた。こちらはジャッジャッと鳴いていた。

  

オオヨシキリがにぎやかにしていた。

2005.5.18

2005年5月18日
オオヨシキリがにぎやかにしていた。
生け垣のすぐ向こうでさえずっていたので録音していたら、だんだん上に上がってきて目と目が合ってお互いにビックリ。オオヨシキリは慌てて飛び去った。距離を計ったら1.8mだった。

  

フォトレポート・さえずるオオヨシキリ

2004.5.18

2004.5.18
さえずるオオヨシキリ

  

フォトレポート・ヨシ原のプレイボーイ

2000.5.5

2000.5.5
ヨシ原のプレイボーイ