ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

*WEB探鳥*「鳥見歩る記・片倉城跡公園(巣箱清掃)2015.12.13」エノキの大木にイカルが100羽位の大きな集団で来ていた

2015.12.22

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

*WEB探鳥*「Fulmar’s room・フィールドノート」イカルの群が鳴きながら飛び回っていました

2015.12.2

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

ツグミ撮影中イカル1が飛来したがすぐ飛ばれてしまった、今シーズン初認

2014.11.23

kanban舞岡公園(横浜市)

環境)里山

日付)2014年11月23日(日)

天候)晴

●観察した野鳥
マガモ2,カルガモ9,キジバト1,カワセミ1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ12,モズ1,ツグミ1,エナガ1,ヤマガラ3,シジュウカラ7,メジロ5,イカル1,スズメ50,ハシボソガラス2,ハシブトガラス4,ガビチョウ3

●メモ
エノキにツグミ1、ヒヨドリ数羽が来ていた。
ツグミ撮影中イカル1が飛来したがすぐ飛ばれてしまった。今シーズン初認。
ツグミ以外は距離が遠かったり鳥の動きが早かったりで思うように撮影できなかった。
収穫祭が行なわれていて焼き芋やお餅の配布には長蛇の列ができていた。
水車も運転されていて内部も見学できた。3kgのお米を1時間でつくことができるという。ただし水は田んぼの水路からではなく小谷の里からパイプで引かれていた。
きざはしの池のヨシが刈られていた。

  

イカル5〜6羽の群れが見られ、高木の梢中心に賑やかにさえずっていた

2013.5.14

kanban日光植物園(栃木県日光市)

環境) 森林、池

日付) 2012年5月14(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト,ツバメ,ヒヨドリ,ウグイス,キクイタダキ,キビタキ,シジュウカラ,メジロ,イカル,ハシブトガラス

●メモ
イカル5〜6羽の群れが見られた。高木の梢中心に賑やかにさえずっていた。池の水を飲みに降りて来るが簡単には撮影させてはくれなかった。
キビタキが目の前に飛び出して来た。
メジロがトウグミの蜜を吸いに来た。
チチチッ・・・・という声がして見上げたらシジュウカラだった。
植物園はツツジを中心に花いっぱいで、すばらしかったがこの季節の鳥は多くはなかった。
電車を乗り間違えるなどして移動時間が5時間を越え集中力を欠いてしまった。かつては戦場ヶ原日帰りも楽勝だったのに。(+_+)

  

ビンズイ3羽が見られた

2010.4.29

kanban舞岡公園(横浜市)

環境) 里山

日付) 2010年4月29日(木)

天候) 曇|にわか雨

●観察した野鳥
カイツブリ1,コサギ1,アオサギ1,カルガモ5,キジバト7,アオゲラ1,コゲラ1,ビンズイ3,ヒヨドリ12,ツグミ1,ウグイス6,ヤマガラ2,シジュウカラ3,メジロ1,イカル1,シメ2,スズメ4,ムクドリ11,ハシブトガラス1,コジュケイ4,ドバト1

●メモ
ビンズイ3羽が見られた。
イカルが頭上至近に止まりさえずった。ちょっと私が動いてしまったので逃げられた。
ヤマガラが2羽で行動していた。
シジュウカラのさえずりを3カ所で聞いた。
にわか雨があり30分ほど雨宿りをした。
小菅ヶ谷北公園はシジュウカラ1、ヒヨドリ5、ウグイス1、アオジ2、ムクドリ6、ハシブトガラス2、コジュケイ2
シオヤトンボが複数見られ、シュレーゲルアオガエルの鳴き声が賑やかだった。

  

ウグイス、イカルがさえずっていた。

2010.3.3

kanban舞岡公園(横浜市)

環境) 里山

日付) 2010年3月3日(水)

天候) 曇

●観察した野鳥
カイツブリ1,マガモ1,カルガモ2,トビ1,アオシギ1,キジバト1,キセキレイ1,ヒヨドリ4,モズ3,ツグミ3,ウグイス2,アオジ2,イカル1,シメ3,スズメ10,ムクドリ11,ハシブトガラス5,コジュケイ5

●メモ
ウグイスは2羽がさえずっていた。1羽は谷渡りも披露してくれた。
小谷戸の里の奥の雑木林の梢でイカルがさえずっていた。1羽のみ。
[tegaki]写真はドジって撮り損なってしまった。^^;[/tegaki]
アオシギは朝は柵から25m位で採食していた。帰りは更に奥に見られた。
カイツブリ1がさくらなみ池に入っていた。
舞岡公園への道中ではジョウビタキ♂1が見られた。
キブシが咲いていた。

  

フォトレポートに、遊歩道のそばでさえずっていたクロツグミ、をupしました。

2008.6.8

フォトレポートに
2008.5.26 遊歩道のそばでさえずっていたクロツグミ
をupしました。

写真集には別カットの他、
センダイムシクイ、オオジュリン、アカハラ、コムクドリ、コゲラ、サメビタキ、オオルリ、オオアカゲラ、ヤマガラ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、コサメビタキ、アオジ、イカル、アカゲラ、エナガ、キビタキ、キバシリ、カワラヒワ、アオバト
をupしました。

  

ヒシクイ、ハクチョウ類も繁殖地へ渡去中。2月下旬

2008.2.29

WEB探鳥 (2月下旬に観察記録の掲載されたページへのリンク集)私がネットで見つけた渡りと思われる、または季節的な話題性のある鳥の記録があるページを集めてみた。(順不同)
ヒシクイ、オオハクチョウ、コハクチョウも繁殖地へ渡去しつつある。

琵琶湖水鳥・湿地センターによるとヒシクイは既に大部分が渡去し、オオワシもみられなくなったようだ。

ツグミの群れの移動も話題に、いなくなったり、増えたり。

ケアシノスリはまだ見られている。

イカルの大きな群れが観察された。鳥見人の部屋little_tern

“春の使者”ウミウ飛来 鳴門市里浦町の沖合 徳島新聞社というニュースも。

メジロがカンヒザクラ鹿児島の最新ニュース 鹿児島の情報は南日本新聞 – 県内ニュースやカワズザクラの花の蜜を吸いに来ている。

●マガン)神戸新聞|社会|春間近、珍鳥ひらり マガンとクロツグミ確認●オオハクチョウ)山形新聞ニュース●コハクチョウ)新潟日報 NIIGATA NIPPO On Line琵琶湖水鳥・湿地センター●オオワシ)琵琶湖水鳥・湿地センター●ケアシノスリ)大山田団地の野鳥たち●ユリカモメ)谷津干潟自然観察センター●ヒヨドリ)野鳥わくわくウォッチング●クロツグミ)神戸新聞|社会|春間近、珍鳥ひらり マガンとクロツグミ確認●ツグミ)野鳥わくわくウォッチング鳥の雑記帳●ツリスガラ)あなご++の鳥見●イカル)鳥見人の部屋little_tern●その他)鹿児島の最新ニュース 鹿児島の情報は南日本新聞 – 県内ニュース“春の使者”ウミウ飛来 鳴門市里浦町の沖合 徳島新聞社

  

固いヌルデの実の殻を割って種を食べるイカル

2005.2.5

kanban2005年2月5日固いヌルデの実の殻を割って種を食べるイカル。

  

フォトレポート・至近距離で採餌するイカル

2005.2.4

2005.2.4
至近距離で採餌するイカル