ひろし&おさむめも

バードウォッチング 野鳥の旬 写真撮影
sig
head

この秋初めてコサメビタキが見られ、サシバと思われるがソアリングしていた

2017.9.11

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2017年9月11日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ1,サシバ1,キジバト1,コゲラ1,コサメビタキ1,エナガ3,シジュウカラ2,メジロ2,スズメ2,ハシボソガラス3,ハシブトガラス1,コジュケイ1

●メモ
この秋初めてコサメビタキが見られた。
サシバ幼鳥と思われるがソアリングしていた。
同時に低空を横切る猛禽を見たが上記撮影中で確認し損なってしまった。
丘の上の枯れ木の梢からエナガ、シジュウカラ、コゲラ、メジロが飛立って行った。10羽ほどの混群だった。
裏山にも秋の渡りの季節が来た。これからの毎日が楽しみ(^・^)

  

サシバ幼鳥がカマキリ類を捕って食べた

2016.10.4

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年10月4日(火)

天候) 曇

●観察した野鳥
トビ1,サシバ1,キジバト1,ヒヨドリ13,モズ3,ウグイス1,シジュウカラ4,スズメ100,ムクドリ20,オナガ7,ハシボソガラス2,ハシブトガラス5,コジュケイ1

●メモ
サシバ幼鳥がカマキリ類を捕って食べた。40mほど水平に飛んで16秒後に元の枝にカマキリ類を持って帰ってきた。とてもきれいな個体だ。
ウグイスの地鳴きを聞いた。
ヤブマメが咲いた。
今朝は遠くまで良く見えて冨士山も黒々と見え、山肌の赤みまで判った。

  

メジロ主体の混群が見られた。オオルリ幼鳥♂、キビタキ幼鳥?♀、サンコウチョウ幼鳥♀,シジュウカラ、コゲラが一緒だった

2016.9.25

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年9月25日(日)

天候) 曇のち晴

●観察した野鳥
トビ2,サシバ1,キジバト3,ヒヨドリ3,キビタキ1,オオルリ1,サンコウチョウ1,シジュウカラ2,メジロ5,スズメ100,ムクドリ7,ハシボソガラス4,ハシブトガラス20,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
里山入口の丘の上で向いの丘の尾根筋上空にサシバ幼鳥を見つけた。すぐにハシブトガラスに付着され急降下をくり返していたがまもなく東方へ飛去した。
メジロ主体の混群が見られた。オオルリ幼鳥♂、キビタキ幼鳥?♀、サンコウチョウ幼鳥♀,シジュウカラ、コゲラが一緒だった。5分ちょっとの慌ただしい出会いだった。不正確だが20羽以上の群れと思われた。
今朝は空が明るくなってから散歩に出かけた。後半には久しぶりの日差しが眩しかった。

  

サシバが低空をハシブトガラスに追われて東へ飛んで行った

2016.9.9

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年9月9日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ1,キジバト2,ハクセキレイ1,スズメ50,ムクドリ20,ハシボソガラス1,ハシブトガラス3,コジュケイ1

●メモ
いつも見られていると思われるサシバが低空をハシブトガラスに追われて東へ飛んで行った。
スズメの群れがイネの実を食べていた。
田んぼは潔癖に管理されナガコガネグモも見られない。そういえば去年に続き今年も水の入った田んぼにシュレーゲルアオガエルの声が聞かれなかった。月夜の田んぼの笛は消えてしまった。オモダカはかなり前から見られなくなっている。

  

遠くでサシバが低空を飛んだがすぐ降りてしまい以後見られず

2016.9.6

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年9月6日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ1,キジバト5,ハクセキレイ5,ヒヨドリ2,ヤマガラ2、シジュウカラ3,メジロ3,スズメ30,ムクドリ50,ハシボソガラス2,ハシブトガラス7,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
遠くでサシバが低空を飛んだがすぐ降りてしまい以後見られず。昨日と同じ個体と思われる。
カワウ5羽が近づくのが見えたので十分引き付けてからシャッターを切ったら、群れは敏感に反応して反転した。
丘の上のミズキの梢に小鳥10羽以下の群れが見られた。遠くて良くわからなかったがメジロとシジュウカラがいた。
最近のヤマガラポイントの電線にヤマガラ2羽が飛来したがすぐ移動して行った。
ハクセキレイが目だった。

  

サシバ幼鳥が樹上で過ごしていたが、そこへ同時にノスリとトビが飛来した

2016.9.5

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2016年9月5日(月)

天候) 快晴

●観察した野鳥
トビ1,ノスリ1,サシバ1,キジバト2,ハクセキレイ1,メジロ2,スズメ50,ムクドリ20,ハシボソガラス1,ハシブトガラス3,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
長い時間サシバ幼鳥が樹上で過ごしていた。セミやバッタと思われるなどを捕らえていた。
そこへ同時にノスリとトビが飛来しすぐ飛び去った。ここでこの時期にノスリを見たのは初めて。
散歩の終盤でサシバが羽ばたき交えながら、ソアリングし始めたが間もなくして降りてしまった。
スズメ群れが、鳥おどしの鳴る田で稲穂をついばんでいた。
ヌスビトハギが咲いた。
ゴンズイの実が弾けた。

  

中学校の屋上より低い所をサシバが飛んでいた、いったん山影に消えてから反対側の尾根筋に飛んできて樹上にちょっと止まった、換羽中だった

2016.8.15

kanban裏山(横浜市)

日付) 2016年8月15日(月)

天候) 雲

●観察した野鳥
トビ3,サシバ1,キジバト2,ツバメ3,ハクセキレイ3,ヒヨドリ6,スズメ20,ハシボソガラス3,ハシブトガラス3,コジュケイ1,ドバト1

●メモ
中学校の屋上より低い所をサシバが飛んでいた。いったん山影に消えてから反対側の尾根筋に飛んできて樹上にちょっと止まった。換羽中だった。
ツバメ成鳥♂2羽が低空で採食していた。
トビ3羽がちょっと間をおいて低空を次々に西へ飛んで行った。
ウグイスの声を聞かなかった。
ヒグラシ少数の合唱が聞かれた。
イネの花が咲いた。

  

トビ3羽と一緒にソアリングしているサシバが見られた、渡りと思われる

2016.8.10

kanban裏山(横浜市)

日付) 2016年8月10日(水)

天候) 快晴のち晴

●観察した野鳥
トビ3,サシバ1,キジバト3,ツバメ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ1,ウグイス3,スズメ30,ハシブトガラス5,コジュケイ1,ドバト1,ガビチョウ1

●メモ
トビ3羽と一緒にソアリングしているサシバが見られた。渡りと思われる。今日は写真なしかと思われたが、散歩の最後に住宅地に帰る峠状の丘の上で見られた。
ウグイスがまだ3羽もさずっていた。
久しぶりにヒグラシの合唱が楽しめた。
ウスバキトンボの群れが数か所で見られた。

  

*WEB探鳥*「奄美自然観察記・請島探鳥会 ノジコなど」冬鳥もたくさんの種類を観ることができました

2015.11.23

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

*WEB探鳥*「愛しい小鳥の日記・オープンでウェルカムな環境を目指して」[2015.9.19 雲間を縫って・矢倉岳・ハチクマ、クマタカ他(Slip between clouds)クマタカ、何度か近くに来てくれました]

2015.9.23

WEB探鳥

WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

サシバ1羽が低空を北西に飛んで行った、今秋初認

2015.9.19

kanban 裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2015年9月19日(土)

天候) 快晴のち晴

●観察した野鳥
トビ1,サシバ1,キジバト7,ハクセキレイ1,スズメ300,ムクドリ14,オナガ9,ハシボソガラス2,ハシブトガラス5

●メモ
サシバ1羽が低空を北西に飛んで行った。今秋初認。
久しぶりに幼鳥入りのオナガの群れ9羽が見られた。
富士山頂は見えているが、低いガスで丹沢・箱根の稜線が見えない。

  

*WEB探鳥*「0827タカの渡り | 自然井戸端会議 – teacup.ブログ“AutoPage” 」サシバ、ハチクマ

2015.8.29

WEB探鳥

WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

*WEB探鳥*「愛しい小鳥の日記」2015.3.31 春風に踊る・菜の花台・サシバ

2015.4.1

WEB探鳥

WEB上で見つけた気になる野鳥情報などのご紹介です。

  

*WEB探鳥*「雨中の見回り。: OZOKの沖縄鳥見日記」

2014.2.16

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報のご紹介です。

  

*WEB探鳥*「奄美自然観察記 高のフィールドより」ミミズをよく捕らえていた サシバ

2014.1.23

WEB探鳥
WEB上で見つけた気になる野鳥情報のご紹介です。

  

「Little tern’s Room・サシバの部屋 2013矢倉岳サシバ」今年のピークを確信(10月10日)

2013.10.11

  

ノスリがちょっとソアリングしただけで南南東へ、しばらくしてサシバが北へ飛んで行った

2013.9.3

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2013年9月3日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
ノスリ1,サシバ1,キジバト1,ヒヨドリ1,シジュウカラ2,スズメ30,ムクドリ10,ハシボソガラス1,ハシブトガラス2

●メモ
ノスリがちょっとソアリングしただけで南南東へ飛んで行った。しばらくしてサシバが同じく標高200m足らずと思われるを北へ飛んで行った。
ヌスビトハギ、ヒガンバナが咲いた。
農家のおじいさんが、イネが萎れてきたので早く雨が降ってくれないと困る、と言っていた。ここは高台で感慨用のため池もないのだ。iphoneは標高72mを示している。
風があるので日陰には涼しさがある。

  

ヒノキの梢にサシバの幼鳥が止まった

2013.8.23

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2013年8月23日(金)

天候) 雲

●観察した野鳥
トビ4,サシバ1,キジバト1,ツバメ1,スズメ8,ムクドリ1,ガビチョウ1

●メモ
私の前30mを歩く人に反応してタカが飛び出した。左奥の小さな谷戸方向へ飛んだので歩を進めて覗き込んだらヒノキの梢に止まっていた。サシバの幼鳥だった。
トビ4+がソアリングしていた。かなり高度はあったが散歩中ずっと見えていて遠くへ飛んで行くようにも見えなかった。

  

サシバ幼鳥2羽が低空をソアリングしていた、今秋初認!

2013.8.16

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2013年8月16日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ2,サシバ2,キジバト2,ツバメ1,ヒヨドリ2,エナガ1,ヤマガラ1,シジュウカラ3,メジロ3,カワラヒワ1,スズメ10,ハシブトガラス2,コジュケイ1

●メモ
サシバ幼鳥2羽が低空をソアリングしていた。狭い谷戸に居たのですぐ行方を失ってしまったのが残念。今秋初認!
久しぶりにカラの混群10+羽を見た。ヤマガラ、エナガ、シジュウカラ3+、メジロ3羽で計10羽以上だったと思われるが出入りが激しく良く判らなかった。
ツバメ1羽も田の上空を飛ぶなどしていた。