ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

フォトレポート、写真集を更新

2013.3.26

更新情報

フォトレポートに、
2012.12.26 草の種を食べるウソ
2012.12.26 桜の花芽を食べるウソ
を、掲載しました。

写真集には
別カットなどを掲載しました。
河原でノイバラの実を食べるメジロ
ミズヒキの種を食べるウソ♀
イノコズチに乗って種を食べるウソ♂
力を込めて桜の花芽をもぎ取るウソ♂
せっかくもぎ取った桜の花芽を落としてしまったウソ♀

  

エナガ15羽ほどの大きな群れが見られた、シジュウカラ、カワラヒワ、オナガの群れも見られた

2012.11.24

kanban
裏山散歩(横浜市)

環境) 里山

日付) 2013年2月4日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
トビ1,ハイタカ1,キジバト5,ヒヨドリ11,モズ2,シジュウカラ3,メジロ2,アオジ5,カワラヒワ12,シメ1,スズメ20,ムクドリ15,ハシボソガラス3,ハシブトガラス2

●メモ
ハイタカがソアリングしていた。
アオジはいつもの警戒的な群れ5+羽を見たが、カシラダカは確認できなかった。
ヒヨドリの群れがみられなかった。
8時前からよい天気になったので散歩した。風も弱く気持ちよく歩けたが鳥は少なめ。

  

センダイムシクイと思われるを2羽見た

2012.8.15

kanban
裏山散歩(横浜市)

環境) 里山

日付) 2012年8月15(水)

天候) 曇ったり晴れたり

●観察した野鳥
トビ1,キジバト3,コゲラ1,ツバメ7,ウグイス1,シジュウカラ20,メジロ1,スズメ5,ハシボソガラス1,ハシブトガラス2,コジュケイ5,ガビチョウ1

●メモ
センダイムシクイと思われるを2羽見た。シジュウカラ10、コゲラ1との混群だった。
シジュウカラ幼鳥は他でも10羽ほどの群れを見た。
コジュケイ幼鳥5羽がお尻を向けて逃げこむのを見た。
イネの花が咲いていた。
ママコノシリヌグイが咲いた。
風もなく早朝から蒸し暑い。

  

20日、シジュウカラ6羽が巣立った

2012.5.21

kanban庭とり(庭で見られた野鳥の話題)
13:時52分 ビデオをセットしていたら空身で巣箱の前の梅の木に来ている親鳥を見つけた。巣立ちを促しているようだ。慌ててカメラを巣箱に向けた。ヒナが巣穴から大きく顔を覗かせていた。
既に巣立ったヒナがいたかも知れないという状況だった。
ただ、周りにヒナの気配はなく声も聞こえなかった。
14:27:41 スズメ覗き
14:30:01 スズメ覗き
14:31:39 スズメ覗き
14:31:58 約30秒スズメ覗き
14:34:35 スズメ覗き
14:34:50 スズメ覗き
14:36:34 スズメ覗き
14:38:16 約30秒スズメ覗き
14:39:20 約30秒スズメ覗き
14:40:09 約30秒スズメ覗き
14:41:30 スズメ覗き
14:41:39 スズメ覗き
14:41:06 スズメ覗き
14:41:30 スズメ覗き 14:41:58スズメ巣箱入り 14:43:28スズメ巣箱出
14:43:29 スズメ覗き
14:44:26 スズメ覗き 14:44:49スズメ巣箱入り 14:44:52スズメ巣箱出
14:44:52 スズメ覗き 14:45:15スズメ巣箱入り すぐスズメ巣箱出
14:46:05 スズメ覗き
14:46:31 スズメ覗き 14:46:45スズメ巣箱入り すぐスズメ巣箱出
14:47:04 スズメ覗き 約30秒スズメ覗き
14:47:37 スズメ覗き
14:48:03 スズメ覗き 14:48:05スズメ巣箱入り 14:48:27スズメ巣箱出
15:23:03 スズメ覗き
15:23:21 約30秒スズメ覗き
15:24:01 スズメ覗き
15:24:26 ズメ覗き 15:25:55スズメ巣箱入り、15:26:05スズメ巣箱出てすぐまた15:26:16巣箱入り、15:26:28スズメ巣箱出てすぐまた15:26:38巣箱入り、15:26:44スズメ巣箱出てすぐまた巣箱入り、15:26:57スズメ巣箱出てすぐまた15:27:12巣箱入り、15:27:33ズメ巣箱出てすぐまた巣箱入り、15:27:48スズメ巣箱出

この騒ぎでしばらくシジュウカラが静かになってしまった。

ヒナがもっと小さかったらスズメに殺され巣の外に運び出されていただろう。
シジュウカラの巣がスズメに襲われヒナを捨てられた

15:42:52 1羽目巣立ち
15:43:35 2羽目巣立ち
15:44:33 3羽目巣立ち
16:05:50 4羽目巣立ち
16:06:28 5羽目巣立ち
16:15:11 6羽目巣立ち
16:30:00 まったくシジュウカラのヒナの気配がなく観察終了
翌朝(21日)巣箱がカラで無精卵もなく全員(確認できたのは6羽)無事巣立ったことを確認した。巣箱を水洗いし後期の繁殖に備えた。

データを整理中、外はどんより曇っていたので空を確認しなかった。横浜でも一瞬金環日食を見た人もいたようだ。せっかく観察用グラスを用意していたのに(≧▼≦)

  

写真集を更新しました

2012.3.5

更新情報

写真集
ツグミが樹上に飛来した、この日各地でツグミが目立った
出会うことがめっきり減ったメジロ2羽が、ツバキの花の蜜を吸っていた
シジュウカラが落としてしまったツヤアオカメムシ?を、私の目の前に躊躇することなく拾いに来た
を掲載しました。

  

カラの混群を2ヶ所で見たが遠くて良く判らなかった

2011.9.16

kanban
裏山散歩(横浜市)

日付) 2011年9月16日(金)

天候) 晴 

●観察した鳥
キジバト1,ヒヨドリ1,シジュウカラ5,メジロ10,スズメ30,ムクドリ40,ハシボソガラス1,ハシブトガラス4

●メモ
カラの混群を2ヶ所で見たが遠くて良く判らなかった。
ツルマメが咲いていた。

  

シジュウカラが変わった声で鳴いている

2011.6.16

15日お昼前から営巣を始めたと思われるシジュウカラが変わった声で鳴いた。
13時過ぎにのんびりした感じで鳴いていた。
16日早朝にも同じ鳴き声が聞こえていた。[audio:http://gorosuke.com/wp-content/uploads/2011/06/201106151318sijukara2.mp3|titles=201106151318sijukara]
ipad/iphoneなどはこちらで

  

シジュウカラがお昼前に巣立った

2011.5.21

庭とり(庭で見られた野鳥の話題)

軒下の巣箱で営巣していたシジュウカラがお昼前に巣立った。

昨日の夕方も親鳥がムシをくわえて地上1m足らずのところを鳴きながら賑やかにしていて巣立ったヒナがいたように思えた。そばの電柱にはハシブトガラスがいて事件?があったのではと気になった。
巣立ちは賑やかに行われるが短時間なので注意していないと気づかない。

今朝は10時過ぎに町内会絡みの所用がありお昼過ぎに帰宅したときにはもう巣立っていた。

 

  

シジュウカラ、後期繁殖をせず

2010.6.13

結局シジュウカラは2度目の繁殖をしなかった。途中で営巣放棄し、その後も巣箱をのぞきに来る個体がいたりさえずったりもしていたが繁殖活動には入らなかった。

例年隣接するテリトリーからさえずる声が聞こえるが、今年はそれも極めて少なかった。

  

鳥が少なかった。

2009.7.30

kanban裏山散歩(横浜市)

環境) 里山

日付) 2009年7月30日(木)

●観察した鳥
キジバト1,ツバメ1,ヒヨドリ4,ウグイス4,シジュウカラ2,メジロ4,スズメ7,ハシブトガラス1,コジュケイ2

●メモ
鳥が少なかった。
クマゼミが鳴き始めた。
写真はクサギ

  

写真集に数点の写真をアップしました。

2009.5.2

写真集に以下の写真をアップしました。

巣立ち直後のシジュウカラがモミジに止まってバランスを崩した
外の景色に夢中のヒナとちょっとどいて欲しいシジュウカラ♀親鳥
あまり警戒せずに夢中でアオムシを食べていたスズメ
浜辺に巣材を取りに来たツバメ
藁をくわえていたスズメ
のんびりしていたオオバン・羽毛が美しい
サクラの梢でアオムシを食べていたシメ
サクラ花の中で歌うオオルリ
夏羽が美しいミミカイツブリ
カニを捕らえたハジロカイツブリ
キブシのつぼみを2つほどくわえたけれど捨ててしまった
ガの幼虫を捕らえたシジュウカラ
枝先に出て来たコゲラ
草むらに降りたムクドリ

  

ルリビタキ♂にようやく出会えた。

2009.1.14

kanban

場所) 舞岡公園(横浜市)

環境) 里山

日付) 2009年1月14日(水)

天候) 快晴

●観察した野鳥
コサギ1,タシギ1,キジバト8,アリスイ1,コゲラ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ11,モズ3,ルリビタキ1,ジョウビタキ1,シロハラ1,ツグミ7,ウグイス2,エナガ10,シジュウカラ8,メジロ8,ホオジロ2,アオジ8,シメ11,スズメ50,ムクドリ50,ハシボソガラス3,ハシブトガラス10,ドバト19

●メモ
ルリビタキ♂にようやく出会えた。古御堂から宮田池に降りる道が今シーズンのルリビタキポイントで毎回2度立ち寄っていたが見られずにいた。今日は日陰の場所から日の当たる場所へ案内してくれたかのような出会いだった、
アオシギはは見られなかった。昨日も見られなかったそうだ。
ヤマシギは奥のブッシュで時折見られたという。
朝はさくらなみ池、宮田池などが全面結氷していて、昼頃になっても溶けなかった。
さくらなみ池奥で休んでいたコサギも、昼近くに目覚めてまだ溶けていない瓜久保池上空をふわふわ飛んでいた。
おおなばの丘を中心に多くのツグミが見られた。
シメも単独で行動していたが数が多かった。数カ所で至近距離で見られた。
霜が溶けてからアオジを見ることも多くなった。
帰りの東門近くでエナガの群れ10羽前後に出会ったが高速で梢を移動して行った。

  

冬鳥が出揃って来た。 12月上旬

2008.12.11

kanban
WEB探鳥(12月上旬に観察記録の掲載されたページへのリンク集など)
ネットで見つけた渡りと思われる、または季節的な話題性のある鳥の記録があるページ(順不同)を集めてみた。

ミコアイサが各地で見られ、シノリガモ、コオリガモも本州で観察された。

ヒメウ、アカツクシガモ、ツクシガモ、亜種アメリカコガモ、アカハシハジロ、メジロガモ、アカハジロ、シロハヤブサ、オジロトウネン、ワシカモメ、シロカモメ、ウミガラス、ハシブトウミガラス、ウミスズメ、アオシギ、オオマシコなども見られ冬鳥が出揃って来た。

ヤマシギ、カヤクグリ、イスカの観察もあった。
与那国島ではソリハシセイタカシギが見られた。
石垣島ではギンムクドリの大きな群れが見られている。

うっかり見逃していたが、行徳野鳥観察舎友の会の掲示板によると11月15日、行徳鳥獣保護区にオオハクチョウ4羽が飛来した。
また、同掲示板の11月28日の投稿に保護した<カンムリカイツブリが立っている画像>が掲示されている。

続きを読む →

  

カワラヒワ7羽が狭い河原に降りていた。

2008.11.23

kanban

場所) いたち川(天神橋〜新橋・神奈川県横浜市)

環境) 河川中流

日付) 2008年 11月23日(日)

天候) 晴

●観察した鳥
カルガモ3、カワセミ1、ハクセキレイ1、シジュウカラ2、カワラヒワ7、スズメ16、ハシボソガラス1、ドバト

●メモ
子ども達も参加した河川清掃が行われていて鳥は少なかった。
17日にK氏がユリカモメ8羽を観察されていて、弟も20日に4羽見ているが今日は見られなかった。
カワラヒワ7羽は狭い河原に降りていた。
カルガモ3羽が川面を通過した。
ハシボソガラスは水浴び。

  

オオタカが穴を掘っていた。

2008.11.7

kanban

11月5日、瀬上市民の森のサクラ広場でオオタカが地上で何かしているのに出会った。気付いた途端に飛んでしまった。若鳥だった。

近づいて確認したら穴が掘られていた。何のために掘っていたのだろうか。

以前も近くで地上にオオタカが降りていたのを見たことがある。

  

マガモ1羽が見られた。近所の田でタヒバリ1、ノビタキ3羽。

2008.10.20

kanban

場所) 柏尾川・金井遊水池(横浜市)

環境) 河川中流/遊水池

年月日) 2008年10月20日 (月)

天候) 晴

●観察した鳥
カイツブリ2、カワウ12、コサギ3、アオサギ3、マガモ1、カルガモ6、コガモ15、バン2、キセキレイ1、ハクセキレイ7、ヒヨドリ3、カワラヒワ2、スズメ20

●メモ
マガモ1羽が見られた。
コガモは15羽数えられた。
近所の田ではタヒバリ1、ノビタキ3羽が見られた。
チョウゲンボウがハシブトガラス3羽に付着されていた。しばらくしてチョウゲンボウ2羽が20〜30mの間隔を開けて並んで飛ぶのが見られ、その後空高くソアリングして視界から消えた。その後10分も経たないうちにまた同じように2羽が並んで低空を飛んで行った。同じ個体だったと思うのだが。

  

乗鞍高原一帯にはキセキレイが目立った。

2008.8.17

kanban

【県 名】 長野県
【場 所】 乗鞍高原(松本市)
【環 境】 亜高山・渓流・湖畔・山林
【年月日】 2008年 7月 31日 (木)〜 8月 7日 (木)
【観察種】
ノスリ   ヒヨドリ    センダイムシクイ
キジバト  モズ      コサメビタキ
カッコウ  カワガラス   ヒガラ
ホトトギス ミソサザイ   シジュウカラ
アマツバメ カヤクグリ   メジロ
アカゲラ  ルリビタキ   ホオジロ
コゲラ   クロツグミ   アオジ
イワツバメ アカハラ    イカル
キセキレイ ウグイス    カケス
ビンズイ  メボソムシクイ ハシブトガラス
続きを読む →

  

ヒナに給餌するシジュウカラ

2004.7.3

2004年7月3日
巣立ち直前で親鳥は巣立ちをうながすためヒナを空腹にする。親鳥が小さなムシ持って来た。待ちきれないヒナは巣の入り口にしがみ 付いてムシをもらっていた。