ひろし&おさむめも

バードウォッチング | 野鳥の旬 | 写真撮影
sig
head

少なくとも2羽のサンコウチョウが見られ、追いかけっこもしていた

2018.9.19

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月18日(火)

天候) 曇

●観察した野鳥
ヒヨドリ1,サンコウチョウ2,シジュウカラ10,メジロ1,スズメ100,ハシブトガラス3,コジュケイ2,ガビチョウ1

●メモ
丘の上からたくさんの小鳥が、梢を伝って降りて来るのが見られた。少なくとも2羽のサンコウチョウが見られ、追いかけっこもしていた。シジュウカラ主体の混群でメジロも入っていた。動きが早くて良く分からなかった、が30羽以上はいたようだ。

  

丘の上のサクラの梢にヒヨドリ4羽の群れが見られた

2018.9.18

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月18日(火)
天候) 曇

●観察した野鳥
キジバト3,コゲラ1,ヒヨドリ4,シジュウカラ15,メジロ5,スズメ100,ハシボソガラス5,ハシブトガラス3,コジュケイ2

●メモ
丘の上のサクラの梢にヒヨドリ4羽の群れが見られた
シジュウカラ、メジロ、コゲラの混群10+羽が見られた。
別の場所でもシジュウカラ10+羽と、メジロの混群20羽ほどが見られた。
ヒヨドリバナが咲いていた。

  

散歩の終盤になってサシバ幼鳥1羽が見られた

2018.9.17

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月17日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ1,キジバト1,シジュウカラ2,スズメ50,ハシブトガラス2,コジュケイ2

●メモ
散歩の終盤になってサシバ幼鳥1羽が見られた。いつもと260mほど離れたアンテナに止まったが、しばらくして私の居る方向へ真東に頭上低空を飛んだ。
ニラが花盛り。
ヤブガラシにたくさんのキイロスズメバチが来ていた。

  

サシバ幼鳥1羽が見られた、早朝の短時間のみ

2018.9.13

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月13日(木)

天候) 晴たり曇ったり

●観察した野鳥
サシバ1,ツバメ2,スズメ100,ハシブトガラス10

●メモ
サシバ幼鳥1羽が見られた。ハシブトガラスに付着されていた。見られたのは早朝の短時間のみ。
アキノノゲシが咲いていた。
昨日に続き日差しも弱く早朝は肌寒かった。

  

サシバ幼鳥1羽が見られた、ハシブトガラスに付着されていた

2018.9.12

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月12日(水)

天候) 晴たり曇ったり

●観察した野鳥
サシバ1,ツバメ1,ハクセキレイ1,スズメ20,ムクドリ20,ハシブトガラス50,コジュケイ2

●メモ
サシバ幼鳥1羽が見られた。ハシブトガラスに付着されていた。
キツネノマゴが咲いているのに気づいた。
キクイモはかなり前から咲いている。

  

珍しくハヤブサ幼鳥が見られた

2018.9.11

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月11日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ2,ハヤブサ1,キジバト1,ハクセキレイ1,ヒヨドリ1,スズメ100,ムクドリ20,ハシボソガラス1,ハシブトガラス

●メモ
珍しくハヤブサ幼鳥が見られた。
500mほどの距離を隔ててサシバ幼鳥2+羽が見られた。
100羽ほどのスズメの群れが稲穂に集まっていた。
前線が南に下がり、北風も強く早朝は肌寒かった。

  

サシバ幼鳥4+羽が見られ強めの風に乗って低空を舞っていた、同時に最大4+羽を見た。

2018.9.6

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年9月6日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ4,ツバメ6,シジュウカラ10,メジロ5,スズメ100,ハシブトガラス1,ガビチョウ1

●メモ
サシバ幼鳥4+羽が見られた。強めの風に乗って低空を舞っていた。同時に最大4+羽を見た。
サシバは何度か低空に現れた。ハシブトガラス10+羽にも執拗に追われていた。
シジュウカラ幼鳥10+羽、メジロ5+羽の混群が見られた。
実り始めた田んぼにスズメ100羽ほどが見られた。
帰り道の住宅地との境界付近でツバメ6羽が高速で飛んでいた。
ツルボが咲いていた。

  

鳥が少なく4種しか見られなかった

2018.8.31

裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月31日(金)

天候) 晴

●観察した野鳥
ヒヨドリ1 スズメ20 オナガ1 ハシブトガラス5

●メモ
鳥が少なく4種しか見られなかった。
オナガ1羽が見られた。
風が強く散歩は楽だった。
今シーズンは視界が良い日が多く、富士山頂がうっすら見えていた。

  

ホオジロが前回見たのと同じスモモの梢に見られた、嘴を開けて呼吸していた

2018.8.30

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月30日(木)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト1,ツバメ1,ヒヨドリ2,ホオジロ1,スズメ5,ハシブトガラス5,コジュケイ2,ガビチョウ1

●メモ
ホオジロが前回見たのと同じスモモの梢に見られた。嘴を開けて呼吸していた。
今日はサシバの気配がなかった。
ナシ(浜梨)の販売が始まった。
良く晴れていたがガスっていて丹沢も見えなかった。

  

サシバ幼鳥1羽が見られた

2018.8.27

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月27日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
オオタカ1,サシバ1,キジバト1,ツバメ1,ハクセキレイ1,スズメ5,ムクドリ10,ハシボソガラス3,ハシブトガラス

●メモ
ハシブトガラスが騒いたのでドコモのアンテナにタカがいるのを見つけた。シャッターを切る寸前で飛ばれてしまった。てっきりサシバと思っていたら、腹に細かい横縞がありオオタカ♀だった。(ひどい写真ですが載せてしまいました^^;)
一番北側にあるソフトバンクのアンテナにもタカが止まっていた。今度はサシバ幼鳥だ。長いこと止まっていたが下へ降りた。その後1時間ほど観察したが再び見ることはなかった。
今日も風が無く蒸し暑くて、日影にじっとしていたのに汗をかいた。極めて不快だった。

  

サシバ5羽のタカ柱が見られた

2018.8.23

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月23日(木)

天候) 晴のち曇

●観察した野鳥
サシバ6,キジバト2,ツバメ2,ハクセキレイ1,スズメ30,ハシブトガラス2,ドバト9,ガビチョウ1

●メモ
サシバ5羽のタカ柱が見られた。
6:43:43 谷戸の奥の稜線上の雑木の梢にサシバ幼鳥1羽が止まった。
6:52:40 飛去した
7:03:03 2羽がソアリングしているのが見られた。
7:03:03 3羽になった。
7:03:06 4羽になった。
7:04:04 5羽になった。
7:06:06 高度を上げた2羽、1羽がパラパラと西に流れて行った。
7:07:05 残り2羽が稜線の向こうに行って見えなくなった。
1時間程様子を見てサシバが出ないので先へ歩いて行ったら、ちょっと北側の稜線上をサシバ1羽が飛んでいるのを見た。
今日も蒸し暑い。

  

サシバ幼鳥2+羽が見られ、サシバは何度も低空に現れた。

2018.8.22

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月22日(水)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ2,キジバト1,ツバメ2,ハクセキレイ5,ヒヨドリ1,スズメ30,ハシブトガラス5,ドバト5,ガビチョウ2

●メモ
サシバ幼鳥2+羽が見られた。サシバは何度も低空に現れた。ハシブトガラスにも執拗に追われていた。帰り道の住宅地境界でも1羽が頭上を追い越して行った。
ハクセキレイ幼鳥5羽の群れが見られた。ハクセキレイも渡り始めた。
今日は久しぶりに蒸し暑くなってきた。

  

ハシブトガラスがサシバ幼鳥に付着し威嚇していた

2018.8.21

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月21日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ1,キジバト3,ツバメ1,ハクセキレイ2,ヒヨドリ2,スズメ70,ハシブトガラス10,ガビチョウ2

●メモ
ハシブトガラスがサシバ幼鳥に付着し威嚇していた。
もうウグイスが鳴き止んだ。
セミの鳴き声もピークを過ぎてしまったようだ。

  

カワラヒワ雌雄がヒマワリの種を食べに来た

2018.8.17

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月17日(金)

天候) 曇

●観察した野鳥
ハクセキレイ1,ヒヨドリ1,カワラヒワ2,スズメ50,ハシボソガラス3,ハシブトガラス10

●メモ
カワラヒワ雌雄がヒマワリの種を食べに来た。
ウグイスの声を聞かなかった。そろそろ鳴き止む時期だ。
日差しがなく北風が吹き気温も湿度も低く爽やかだった。

  

コジュケイ親子が次々に目の前の枝に止まった

2018.8.15

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月15日(水)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト1,ツバメ3,ヒヨドリ2,ウグイス3,スズメ2,ハシブトガラス1,コジュケイ5

●メモ
通りかかった道路脇の林床からけたたましく鳴き声がしていた。タイワンリスではなさそうだが何だかわからなかった。しばらく立ち止まっていたら目線の先の太目の枝に小鳥が止まった。かなり大きい。枝や葉に遮られて確認できないうちに飛んでしまった。コジュケイらしかったがちょと小さい。写真を撮れずに飛んでしまった。しばらくしてまた同じような所に鳥が止まった。間違いなくコジュケイ幼鳥だ。これもしばらくして飛去した。もう鳴き声はしなくなったがしばらく様子を見ていたら今度はコジュケイ親鳥が止まった。これも枝かぶりだった。
ツバメ2羽がやや遠くを飛交っていた。
サシバの気配はなかった。

  

サシバも渡り始めた

2018.8.14

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月14日(火)

天候) 晴

●観察した野鳥
サシバ3,キジバト2,ツバメ1,ヒヨドリ1,ウグイス2,スズメ50,ハシブトガラス2,ガビチョウ1

●メモ
通りかかったスギの木の梢に、丘の反対側から飛んできたサシバ幼鳥が止まった。アブラゼミを持っていた。
その1時間後200mほど離れたところでサシバ3羽が飛び交っているのが見られた。しばらくして群れは低空を西へ飛んで行った。
サシバも渡り始めたのだ。
先週あたりからドバトの群れが飛んでない。
(訂正)8月10日にオオタカとし掲載したものはサシバの誤りです。すみません!

  

モズ幼鳥がホオジロ♂を追い払った

2018.8.13

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月13日(月)

天候) 晴れたり曇ったり

●観察した野鳥
キジバト4,ツバメ1,ヒヨドリ1,モズ1,ウグイス3,ホオジロ1,スズメ80,ハシブトガラス2,コジュケイ2,ガビチョウ2

●メモ
ホオジロ♂がスモモの梢に止まっていたので、写していたら何者かに追われた。次にファインダー入ったのはモズ幼鳥だった。早春から今までモズは見られなかったのだが。
ツバメ1羽が近くで旋回した。
スズメの群れが大きくなった。
鳥の動きにも、季節の移ろいよると思われる変化が出てきた。

  

サシバ*幼鳥がツミ幼鳥に付着されていた

2018.8.10

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月10日(金)

天候) 快晴

●観察した野鳥
サシバ1,ツミ1,ヒヨドリ1,ウグイス1,シジュウカラ3,スズメ10,ハシブトガラス4,コジュケイ1,ガビチョウ1

●メモ
オオタカサシバ幼鳥がツミ幼鳥に付着されていた。最初オオタカサシバ幼鳥はハシブトガラスに追われていたが、いつの間にかツミ幼鳥がくっついていた。
鳥が少ないといつも嘆いているが、オオタカサシバ幼鳥とツミ幼鳥が見られてビックリ!
ツクツクボウシの声が盛んになってきたが、例年よりかなり少ない。
*初出時オオタカとしましたがサシバの誤りでした。お詫びして訂正いたします。(8/14)

  

カワラヒワ2羽がヒマワリの種を食べに来た

2018.8.6

kanban裏山(横浜市)

環境) 里山

日付) 2018年8月6日(月)

天候) 晴

●観察した野鳥
キジバト2,ヒヨドリ4,ウグイス3,シジュウカラ4,カワラヒワ2,スズメ6,ハシブトガラス2,ガビチョウ1

●メモ
カワラヒワ2羽がヒマワリの種を食べに来た。
今朝は、蒸し暑くて外へ出た途端湿気が体にまとわり付くような不快さがあった。散歩での挨拶も皆、開口一番、暑いですね、だった。